2月10日、インテックス大阪で開催された「大阪オートメッセ2024」で、スーパーGT GT500クラスに参戦するARTAを盛り上げる『ARTA GALS』が2024年メンバー発表された。

 2024年、NSX-GTからCIVIC TYPE R-GTへと変更するホンダ陣営は、ドライバーラインアップも大幅に変更。2台体制で挑むARTAは、8号車に野尻智紀のチームメイトとして松下信治が加入。16号車は、大津弘樹と新加入の佐藤蓮がコンビを組むこととなった。

 チームを盛り上げるARTA GALSは、2018年以降レースクイーンの枠を飛び越えサーキットアテンダントとして活動。「Aggressive & Passion」をマインドキーワードとして掲げ、美しさ・強さを表現する「BEAUTY」、姿勢や所作などを示す「PROFESSIONAL」、そして笑顔やおもてなしの「HOSPITALITY」の3つの構成要素の体現者を目指している。

 昨年も人気メンバーで構成され注目を浴びたARTA GALS。2024年メンバーが大阪オートメッセ2024でお披露目された。

 2024シーズンは、木村理恵さん、はらことはさん、真木しおりさんが継続し、新たに一之瀬優香さん、川瀬もえさん、広瀬晏夕さんが加入。6名体制で活動する。

 6人の中でチーム最長在籍となる真木さんは、「今シーズンでARTA GALSとしては6年目になるので、より気を引き締めて全力でARTAを応援したいと思います。1年間一緒に応援よろしくお願いします!」とコメント。

 真木さんに次ぐ5年目の在籍となるはらさんも「今年は今まで以上にファンの皆さんと盛り上がって、いいシーズンにできたらいいなと思っています。シリーズチャンピオン獲得に向けて8号車、16号車の応援よろしくお願いします!」と語っている。

 昨年ARTA GALSに就任し、今年も継続となる木村さんは、「オートバックスが今年で節目となる50周年を迎える年に携わることができ、とても光栄です。今シーズンも8号車と16号車の応援を頑張りたいです」とコメント。

 新加入は3人。サプライズ就任となったのが日本レースクイーン大賞2021でグランプリを獲得した川瀬さんだ。昨年はレースクイーン業を行わなかったが、2024年はARTA GALSとしてサーキットに帰ってくる。

「憧れの名門チームARTAの一員に選んで頂いて、とっても嬉しいです。そして、オートバックス50周年という記念すべき年に関わらせていただいて大変光栄です。皆さんと一緒にモータースポーツを楽しみながら、勝利の女神になれるよう頑張ります!」と川瀬さん。
 

 2023年は日本レースクイーン大賞を受賞するなど大活躍のシーズンを過ごした広瀬さん。新たなユニット加入に対し「憧れだったARTAの一員になれること、大変嬉しく思いますし、今からワクワクしています。先輩方が築き上げてきた大切なものを引き継ぎ、私らしくチームとモータースポーツ活動に貢献できるよう精進していきたいと思います」と期待を語る。

 昨年レースクイーンデビューし日本レースクイーン大賞新人部門でメダリストに輝いた一之瀬さんは、「ご縁を頂き、憧れだったARTA GALSになることができました。とても嬉しい気持ちでいっぱいです。精一杯頑張っていきます!」とコメントしてくれた。

 人気メンバーが集まったARTA GALS。今年もサーキットで注目の的となるだろう。