現地時間2月15日(木)、オラクル・レッドブル・レーシングは、2024年型F1マシン『RB20』を発表した。

 2023年のレッドブルF1は、まさに歴史に残るチームだった。開幕から4戦はマックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスが勝利を分け合い、以降フェルスタッペンはペレスを突き放した。22戦のうち19勝を挙げたフェルスタッペンはシーズン中の最多勝利記録を更新し、3度目のドライバーズタイトルを獲得している。

 一方のペレスはフェルスタッペンとは対照的に、シーズン後半まで大きくパフォーマンスを落としてしまった。予選ではQ1敗退を喫するなど苦戦が続いたが、なんとかドライバーズ選手権2位の座を守りきり、レッドブルは初めてドライバーズ選手権の1位と2位を占めた。

 さらにレッドブルは、1年間で21勝を挙げ史上最高となる年間勝率95.4%を記録。コンストラクターズタイトルも獲得し文句なしのシーズンを過ごした。

 2024年シーズンに向けて、レッドブルは引き続きフェルスタッペンとペレスを起用する。2024年型マシン『RB20』はRB19の進化型と言われており、レッドブル陣営はすでに2025年に目を向けていることを明かしている。最強のパフォーマンスを誇ったRB19からさらに進化したRB20のパフォーマンスに注目したい。なおレッドブルは、非公開でRB20のシェイクダウンを行ったと報じられている。

 これでF1に参戦する全10チームの2024年型マシンのカラーリングが明らかになった。まだ実車を公開していないチームもあるが、この後F1は2月21日〜23日にバーレーンでプレシーズンテストを行い、同地で2月29日〜3月2日の開幕戦を迎えることになる。