2月15日(木)、WRC世界ラリー選手権第2戦『ラリー・スウェーデン』のデイ1は、1本のスペシャルステージ(SS)が行われ、今大会が2024年シーズン初出場イベントとなるTOYOTA GAZOO Racingワールドラリーチーム(TGR-WRT)のカッレ・ロバンペラ/ヨンネ・ハルットゥネン組(トヨタGRヤリス・ラリー1)がラリー初日の総合首位に立っている。2番手には、TGR-WRTのレギュラーである日本人ラリードライバーの勝田貴元(トヨタGRヤリス・ラリー1)が続いている。

 北欧スウェーデンのウメオを拠点に行われている、シーズン唯一のフルスノーラリーとなる『ラリー・スウェーデン』。同日午前中に行われたシェイクダウンを終え、夜のウメオにて行われたSS1で戦いの幕が開けた。

 全長5.16キロと、短いSSとなった『ウメオ・スプリント1』では、トヨタ勢が躍動し、今大会がシーズン初戦となるロバンペラが早くもトップタイムをマークした。

 アタックを終えた際には、公式インタビューにて「クリーンなスタートが切れたよ。雪上を走るときには、グリップする箇所とそうでない箇所を見分けるのが難しいね」と、夜間に行われたSS1を振り返っている。

 そして1.4秒差の僅差で2番手に続いたのは、ロバンペラのチームメイトである勝田貴元だ。

「最低限、良いスタートになったと思います。明日からのラリーが本当に楽しみです」と語っており、良いフィーリングを得ながら開幕ステージを走り終えた様子だ。

 3番手にもTGR-WRT勢が続き、首位ロバンペラから2秒差となったのは前戦ラリー・モンテカルロで3位表彰台を獲得したエルフィン・エバンス。エバンスとロバンペラのふたりは、2月2〜3日に開催されたフィンランドラリー選手権の第2戦『アークティック・ラップランド・ラリー』にトヨタGRヤリス・ラリー1で出場しており、事前にスノーステージでのセットアップを煮詰めてきた成果が初日から現れたようだ。


 前年のラリー・スウェーデンを制したオット・タナク(ヒョンデi20 Nラリー1)は、4番手から大会をスタートした。続く5番手には、Mスポーツ・フォードWRTのアドリアン・フルモー(フォード・プーマ・ラリー1)がつけている。

 その後方6番手となったのは、開幕戦モンテカルロで優勝を飾っているティエリー・ヌービル(ヒョンデi20 Nラリー1)。前戦では、大会中盤から徐々にペースを得て首位を勝ち取る走りを見せているため、まだまだこれからタイムを上げてくることだろう。

 7番手には、こちらも今大会がシーズン初戦となるエサペッカ・ラッピ(ヒョンデi20 Nラリー1)が続き、もう一人のMスポーツ・フォードWRT勢グレゴワール・ミュンスター(フォード・プーマ・ラリー1)は8番手となった。

 WRC2勢は、今大会がホームラリーとなるオリバー・ソルベルグ(シュコダ・ファビアRSラリー2)がクラス首位発進。2番手には、トヨタGRヤリス・ラリー2を駆るローペ・コルホネンがつけ、クラス初参戦ながら好走をみせた。

 そして、TGR WRCチャレンジプログラム2期生の山本雄紀と小暮ひかるも、WRC2クラスのデビューステージを走り切り、小暮が総合20番手のクラス10番手、山本が総合22番手のクラス12番手となっている。

 本格的にラリーが始まっていくデイ2では、SS2〜8という7本のSSが予定される。初日から好調を見せたTGR-WRTと、立ち向かうヒョンデ、フォード勢は、ステージ合計距離約108kmとなるデイツーでどのような走りを見せるだろうか。