2月15日(木)、2024年WRC世界ラリー選手権第2戦のラリー・スウェーデンが開幕した。TOYOTA GAZOO Racingワールドラリーチーム(TGR-WRT)はレンタル1台を含む4台のトヨタGRヤリス・ラリー1で参戦し、デイワン終了時点でカッレ・ロバンペラ/ヨンネ・ハルットゥネン組が総合首位、勝田貴元/アーロン・ジョンストン組が総合2番手、エルフィン・エバンス/スコット・マーティンが総合3番手となるワン・ツー・スリー体制を築いて競技初日を終えた。

 シーズン唯一のフルスノーイベントであるラリー・スウェーデンは、今年もスウェーデン北部最大の都市であるウメオのサービスパークを中心に開催されている。

 競技初日となるデイ1は、午前中にシェイクダウンが行なわれ、日没後の夜19時過ぎよりオープニングステージとして『ウメオ・スプリント1』が行なわれた。

 全長5.16kmのショートステージとなったSS1は、ハイスピードな森林セクションからスタートし、大勢の観客が見守るテクニカルなセクションでフィニッシュする。

 走行距離は短くも、グリップの変化が激しく気を抜くことができないトリッキーなこのステージでは、2024年シーズンのWRC初出場となるロバンペラがベストタイムを記録した。

 1.4秒差の2番手には勝田がつけ、その0.6秒後方にエバンスが続いている。トヨタGRヤリス・ラリー1がトップ3を占め、チームにとって理想的なかたちでデイ1を締めくくった。

■前哨戦での準備が選手の自信になっているとラトバラ代表

 チーム代表を務めるヤリ-マティ・ラトバラは、「大勢のファンの前でラリーをスタートし、良いステージタイムを得られたことを嬉しく思う」と、デイ1の好結果を喜んだ。

「もちろん、この先も週末にかけて毎日ラリーが続く。このイベントのためにできる限りの準備をしてきたので、ドライバーたちは自信を持って戦いに臨んでいると思う」と、大会前に出場したフィンランドラリー選手権の第2戦『アークティック・ラップランド・ラリー』での準備も功を奏したと語る。

「明日は、もし路面に新雪が積もっていたのなら、ステージの出走順が早いドライバーたちは苦しむことになるかもしれない。逆に、出走順が後方のドライバーたちは恩恵を受けることになるだろう」

「カッレ(ロバンペラ)はリラックスしているように見えるし、クルマに対するフィーリングも良さそうで、活躍が期待できそうだね」

 ウメオの西側から北側にかけたエリアで、森林地帯の雪道で本格的な戦いがスタートするデイ2。全7本のSSを予定しておりその合計距離は107.90km、リエゾン(移動区間)も含めた1日の総走行距離は439.22kmとなる。