夏の終わりのシーズンインとなるTCRオーストラリア・シリーズ開幕戦が、2月10〜11日にサンダウン・レースウェイで開催され、今季よりQ1、Q2のステージ方式に変更された予選では、新王者ジョシュ・バカン(ヒョンデi30 N TCR/HMOカスタマー・レーシング)がポールポジションを獲得する幕開けに。

 しかし決勝3ヒートでは古豪ギャリー・ロジャース・モータースポーツ(GRM)のプジョー308 TCR艦隊が躍動し、オープニングとレース3はベン・バルグワナ(GRMハンチャ・レーシング)が、レース2は予選メカニカルトラブルで走行不能となっていたジョーダン・コックス(GRMチーム・シェフラー)が制す結果となり、今季中盤に新型モデル投入を控えるプジョー勢が週末3連勝を成し遂げた。

 今季最初の公式セッションとなったプラクティスでは、アーロン・キャメロン(プジョー308 TCR/GRMチーム・バルボリン)がトップタイムでシーズンインを飾ったものの、2ステージ制が導入された予選では昨季のエラントラからi30へと愛機を “先祖返り”させたチャンピオンが意地をみせる。

 2列目3番手と4番手に、バルグワナと今季デビューの僚友ライアン・カシャ(プジョー308 TCR/GRMチーム・バルボリン)を、さらにフロントロウには新生タフリスト・レーシングから参戦のザック・スーター(アウディRS3 LMS 2)を従え、ライバルを0.073秒上回ったバカンがポールポジションを獲得してみせた。

 そのまま土曜現地13時過ぎにスタートが切られたレース1は、抜群の反応を見せた3番手バルグワナがすぐさま前方のスーターを仕留めると、オープニングラップのターン11でアウト側を回り、ポールシッターのバカンから早々にリードを奪っていく。

 ここから21周のレースを通じて5.942秒のリードを築いた22歳が今季初勝利、シリーズ通算2勝目を飾り、2022年以来のサンダウン制覇を達成。2位バカンの背後では最後の最後でマシントラブルが発生したキャメロンが4位にポジションを落とし、代わって5番手発進だった前王者トニー・ダルベルト(FL5型ホンダ・シビック・タイプR TCR/ホンダ・レーシング・チーム・ウォール)が通算18回目の表彰台に滑り込んだ。

■レース2はスタート直後のターン1で雌雄が決する展開に
 一方、プジョーのメカニカルトラブルにより予選ラップを更新できず、最後尾15番グリッドに沈んでいたコックスは、1周目に4台を抜き去る勢いでチャージを開始すると、最終的にダルベルトからわずか4秒遅れの5位でチェッカーを迎えた。

 また、プラクティス後に古傷の肋骨痛を訴えたダルベルトの僚友ウィル・ハリスに代わり、急遽レース参戦を果たした“ドライビングコーチ”のジョン・マーティン(FK8型ホンダ・シビック・タイプR TCR/エクスクルーシブ・スイッチボード)は、最後の最後でBTCCイギリス・ツーリングカー選手権出身トム・オリファント(ヒョンデi30 N TCR/HMOカスタマー・レーシング)を仕留めて10位に飛び込み、日曜現地14時05分のレース2でリバースポールを確保してみせる。

 しかし、その日曜レース2はスタート直後のターン1で雌雄が決する展開となり、5番手発進だったコックスが前方の4台をあっと言う間に抜き去るロケットスタートを決めると、直後のセーフティカー(SC)出動にも動じず快走。背後のクレイ・リチャーズ(クプラ・レオン・コンペティションTCR/カール・コックス・モータースポーツ)に対して最後はコントロールする余裕を見せ、0.874秒差でシリーズ通算6度目のトップチェッカーを受けた。

 この時点の最多得点者となったバカンがポール発進を決めた週末最終のレース3は、同じくフロントロウに並んだバルグワナが勢いで勝り、オープニングラップでリードを奪って引き離し、3.283秒差を築く週末2勝目をマークする圧勝劇となった。

 昨季はTCRワールドツアーにも参戦し、歴戦の猛者に揉まれた男が選手権首位発進を決めたTCRオーストラリア、続くシーズン第2戦は3月15〜17日にシモンズ・プレインズ・レースウェイで開催される。