2月16日、鈴鹿サーキットは3月9〜10日に開催される『2024 NGKスパークプラグ 鈴鹿2&4レース』のエントリーリストを公開した。全日本ロードレース選手権 JSB1000クラスにおいてはスポット参戦も多数あり、31台がエントリーした。

 2024年の全日本ロード JSB1000クラスは、移籍するライダーやバイクメーカーを変更するチーム、新規参戦チームなどが多い。第1戦鈴鹿2&4レースにおいては、スーパーフォーミュラとの併催で、日本最高峰の2輪と4輪レースが同時に楽しめるが、2輪だけでもスポット参戦ライダーが8名いて“役者が揃った”戦いとして大きな注目を集めている。

 まず外せないのは、唯一のファクトリーチームとしてチャンピオンを獲得し続けるYAMAHA FACTORY RACING TEAMの絶対王者であるゼッケン1番の中須賀克行。チームメイトとして昨年初優勝を飾った岡本裕生もヤマハYZF-R1で継続参戦する。

 2023年の最終戦ではこの2台の牙城を崩して2連勝を果たした水野涼が(DUCATI Team KAGAYAMA)がホンダからドゥカティに乗り換えて表彰台の頂点を目指す。彼が駆るのはスーパーバイク世界選手権(WorldSBK)でも使用されるチャンピオンマシンのパニガーレV4 Rのファクトリー仕様。WorldSBKではピレリ、全日本ロードではブリヂストンを履くが、マシンのポテンシャルが高いことは証明されている。

 ホンダは2024年に改良を加えたCBR1000RR-Rを投入する。それが開幕戦に間に合うかはわからないが、名越哲平(SDG Honda Racing)、清成龍一(TOHO Racing)などの表彰台獲得の可能性があるライダー、伊藤和輝(Honda Dream RT SAKURAI HONDA)、岩田悟(Team ATJ)、秋吉耕佑(MurayamaUnso.Team AKIYOSHI)も継続参戦する。

 さらに、鈴鹿8耐優勝ライダーで、MotoGPのスポット参戦経験もある長島哲太(DUNLOP Racing Team with YAHAGI)もCBR1000RR-Rに乗る。ライバルの多くはブリヂストンタイヤだが、長島は新体制とダンロップタイヤでどこまで上り詰めるのか大きな期待が寄せられる。

 2017年のJSB1000王者での高橋巧(JAPAN POST HondaDream TP)はWorldSBKとBSBを経験後、国内に戻った初年度はST1000だったが、JSB1000に復帰。鈴鹿サーキットの2輪コースレコードは2019年に彼が2分03秒592を記録してから破られていない。そしてヤマハで2020年にJSB1000王者となり、WorldSBKとMoto2に渡った野左根航汰(Astemo HondaDream SI Racing)も国内に戻り、ホンダ機を駆ることになる。

 スズキ勢では、昨年は初年度とは思えない強さを見せ、マシンカラーリングなどでも注目を集めた津田拓也(AutoRace Ube Racing Team)、2023年の最終戦鈴鹿にも出場し、ヨシムラSERT Motulに正式加入したEWCライダーの渥美心もGSX-R1000Rを走らせる。

 カワサキの柳川明(KRP SANYOUKOUGYO&RS-ITOH)は年間登録ではなくなったが、鈴鹿2&4レースにはスポットで参戦。ST1000からJSB1000にステップアップしてフル参戦する佐野優人(KRP SANYOUKOUGYO RSITOH)と唯一のカワサキチームとして戦う。

 関口太郎(SANMEI Team TARO PLUSONE)、星野知也(TONE RT SYNCEDGE4413 BMW)、そしてTONE RT SYNCEDGE4413 BMWからスポット参戦する吉田愛乃助、ジェゲデ・ゼカライヤ・クワミは、熟成が進み2年目となるBMW M1000RRを駆ることになり、さらに速さを見せてくるだろう。

 アプリリアRSV4 Factory 1100も2年目となる。鈴鹿8耐のNSTクラスでは3位表彰台を獲得しているため、スプリントレースで新庄雅浩(Team TATARA aprilia)がどこまで上位に食い込めるかも興味を寄せる。

 スポット参戦は、上記の渥美、柳川、吉田、ゼカライヤ以外に、亀井雄大(Honda Suzuka Racing Team)、日浦大治朗(Honda Dream RT SAKURAI HONDA)、渡辺一樹(TOHO Racing)といったJSB1000の表彰台獲得経験のあるライダーやST1000で3連覇中の渡辺一馬(Astemo Honda Deam SI Racing)もエントリーしている。

  開幕戦はここ数年で一番の注目レースとなること間違いなしのライダーラインアップ。ヤマハ中須賀と真っ向勝負ができる選手が集まるため、2024年の最初のチェッカーライダー、そして明らかになる勢力図は見逃せない。チケットは、鈴鹿サーキットのホームページ(https://www.suzukacircuit.jp/2and4/)より発売が開始されている。

■2024 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ 第1戦 NGKスパークプラグ 鈴鹿2&4レース 暫定エントリーリスト(2月16日時点)
区分ゼッケンライダー名チーム名車両名タイヤ年間1中須賀克行YAMAHA FACTORY RACING TEAMYZF-R1BS年間2岡本裕生YAMAHA FACTORY RACING TEAM 2YZF-R1BS年間3水野涼DUCATI Team KAGAYAMAPanigale V4RBS年間4名越哲平SDG Honda RacingCBR1000RR-RBSスポット5亀井雄大Honda Suzuka Racing TeamCBR1000RR-RBS年間6津田拓也AutoRace Ube Racing TeamGSX-R1000RBS年間7清成龍一TOHO RacingCBR1000RR-RBS年間9伊藤和輝Honda Dream RT SAKURAI HONDACBR1000RR-RBS年間10岩田悟Team ATJCBR1000RR-RBS年間11秋吉耕佑MurayamaUnso.Team AKIYOSHICBR1000RR-RBS年間12関口太郎SANMEI Team TARO PLUSONEM1000RRBSスポット13渥美心Yoshimura SERT MotulGSX-R1000RBS年間14児玉勇太Team KodamaYZF-R1BS年間17杉山優輝Honda Suzuka Racing TeamCBR1000RR-RBSスポット18柳川明KRP SANYOUKOUGYO&RS-ITOHZX-10RBSスポット20日浦大治朗Honda Dream RT SAKURAI HONDACBR1000RR-RBS年間21星野知也TONE RT SYNCEDGE4413 BMWM1000RRDL年間22新庄雅浩Team TATARA apriliaRSV4 Factory 1100BS年間23津田一磨Team BabyFaceYZF-R1BS年間27中冨伸一RSNYZF-R1DL年間28芳賀瑛大NITRO WORK NAVI OGURA CLUTCHYZF-R1BS年間29須貝義行TEAM SUGAI RACING JAPANCBR1000RR-RBS年間30長島哲太DUNLOP Racing Team with YAHAGICBR1000RR-RDL年間31佐野優人KRP SANYOUKOUGYO RSITOHZX-10RRBS年間32野左根航汰Astemo HondaDream SI RacingCBR1000RR-RBS年間33高橋巧JAPAN POST HondaDream TPCBR1000RR-RBS年間34柴田義将Taira Promote RacingYZF-R1DLスポット35渡辺一樹TOHO RacingCBR1000RR-RBSスポット36渡辺一馬Astemo Honda Deam SI RacingCBR1000RR-RDLスポット37吉田愛乃助TONE RT SYNCEDGE4413 BMWM1000RRDLスポット38Dzegede ZechariahTONE RT SYNCEDGE4413 BMWM1000RRDL