サンエナジー1・レーシングチームのオーナー兼ドライバーのケニー・ハブルは、先週末に行われたIGTCインターコンチネンタルGTチャレンジの2024年開幕戦『レプコ・バサースト12時間』のスポーティングレギュレーションが改訂されたことにより「すべての戦略が台無しになった」と述べ、レース勝者のマット・キャンベル(マンタイEMA)や、サンエナジー1に次ぐ3位でフィニッシュしたケルビン・ファン・デル・リンデ(ウォッシュ・イット・チームMPC)とともにその変更点について不満も漏らした。

 2024年から施行されたバサースト12時間の新しい競技規則は、より制約の多いものへと改定された。フルサービスピットストップ時には最低85秒の静止時間が義務づけられ、1度の給油(1スティント)で走れるラップが最大32周までという制約が加わったのだ。

 セーフティカー(SC)が11回も出動する展開となったこのレースだが、1スティント最大32周という制約があるため、どのチームも省燃費走行などのピット戦略を講じることがほぼできない状況だった。

■チャレンジがあってこそのバサースト12時間

 22号車アウディR8 LMS GT3エボIIをドライブし、メルボルン・パフォーマンス・センター(MPC)チームとともに3位表彰台を獲得したファン・デル・リンデは、終盤はただ「電車に乗って待っている」ような気分だったと認めた。

「ドライバーの立場から言わせてもらえば、正直なところ、今年のルールはエンターテインメント性という点で、かなり期待外れだったと思う」と南アフリカ人ドライバーは語った。

「バサースト(12時間レース)はいつも楽しみにしているレースで、ちょっとした戦略や燃料セーブがあり、チームやドライバーに既成概念にとらわれないチャレンジをさせてくれた」

「ところが今回は、レース中、僕たちはただ電車に乗って待っているだけのように感じることもあった」

「基本的にはダッシュボードを眺めてピットストップまでの時間を数えているだけで、とてもフラストレーションを感じさせられる場面もあったよ」

「来年はもっと改善して、観衆にさらに良いエンターテイメントを提供できることを願っている。それが僕たちが取り組まなければならないことだと思う」

■戦略勝負を取り戻したいキャンベル

 レース勝者のキャンベルは、同様のレギュレーションを採用する世界各地のGT3レースとは異なり、エンデューロに特別な要素を加える例年の省燃費戦略が恋しかったと語った。

「(昨年までのように)より多くの戦略がチームから伝えられることが恋しい感じがする。燃料管理などの面でドライバーはより多くの努力が必要だった」とキャンベル。

「僕はそのレーススタイルが本当に好きだ。それが正しい耐久(レース)だと思う」

「当たり前だが、現代の車両は12時間、24時間と問題なく走ることができる。(ドライバーの力が試される)この側面を取り戻したら、本当に楽しめるよ」

「(従来の規定でのレースは)IMSAレースのスタイルに近いし、舞台裏ではもう少しいろいろなことが起きている。この要素は本当に楽しいよ」

■ほかの手段での調整を望むハブル

 バサースト12時間を2位で終えたサンエナジー1・レーシングのハブルは、レギュレーションの調整は「正しいことではない」とまで言い切ったが、今後の改定で折り合いをつけることはできると信じている。

「それはある意味、フィールドを平準化したものだ」とハブルは語る。

「どんな種類のクルマを持っていようが、あるいは普段は20番手のマシンであろうが、(今回の規則の下では)関係なかった。彼らは見せ場をつくるために、最終ラップの最後までアドバンテージを全員から奪ったんだ」

「正直に言うと、その理論は問題ない。だが、ピットストップのコントロールタイムはあっても今回ほど長くしないとか、他の何かをコントロールして、通常なら8位、10位、12位、14位でフィニッシュするような他のチームにチャンスを与えるような、中間の“何か”を見つける方法があると思う」

「しかし、今回は戦略をすべて台無しにしてしまった。今年のルールはすべてを奪い去り、最終的に自分がそこにいるかどうかが重要だったんだ」

「私には、少し行き過ぎていて、過激すぎて、アマチュアレースのように見え始めた。でも、バランスは取れていると思う。彼らが何をしようとしているのかは分かった。最後は(フィールドにいる)皆を戦わせたかったんだろうし、とても良かった。(実際に)最後はまだ6、7台が(優勝争い)残っていたし、エキサイティングだった」

「その一方で通常のレース戦略やテクニック、そしてレースのダイナミックさを奪い去ってしまったんだ」