2月22日、三重県の鈴鹿サーキットでは、全日本スーパーフォーミュラ選手権の公式合同テストの2日目のセッションが始まった。10時45分から2時間で行われたセッション3では、セッション1、2に続いて牧野任祐(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)が最速タイムを記録した。

 21日は午前・午後ともに雨/ウエットのコンディションとなった鈴鹿。22日朝までに雨は上がったものの、セッションスタート時点ではところどころに乾いた部分はあるものの、多くの路面は濡れたままの状態となった。

 気温10度/路面温度11度、曇り空の下、セッション開始とともに、各車はウエットタイヤを装着してコースインしていく。前日午前にクラッシュのあった大湯都史樹(VERTEX PARTNERS CERUMO・INGING)も、このセッションから走行を再開している。

 序盤、ウエットタイヤで野尻智紀(TEAM MUGEN)が1分45秒801というタイムをマークしトップに立つ。これに大湯が続いたが、開始10分を過ぎたところあたりから、ピットに戻り、ドライバーもマシンから降りる陣営が目立ち始める。いわゆる路面の『乾き待ち』となったようだ。山本尚貴(PONOS NAKAJIMA RACING)が1分41秒489と最速タイムを塗り替えてピットに戻ると、コース上で走行する車両はゼロとなった。

 11時18分、唯一コースインしていったラウル・ハイマン(TGM Grand Prix)が最終コーナーでスピン、アウト側のバリアにリヤからクラッシュしたことで、赤旗が提示された。

 10分強の中断ののち、セッションは再開されると、山本は1分40秒063へと全体ベストを縮める。

 次第にスリックタイヤを履く陣営も出るなか、11時48分、小林可夢偉(Kids com Team KCMG)が最終コーナーでスピンオフ。アウト側グラベルにマシンを停め、2度目の赤旗となった。

 11時59分にセッションが再開されると、最初はウエットを履く陣営も見られたものの、すぐにスリック勢が全体ベストを更新し始め、残り30分を前にいよいよ完全ドライコンディションでの走行を迎えた。

 野尻が1分38秒562の最速タイムを刻み、残り23分というタイミングではチームメイトの岩佐歩夢(TEAM MUGEN)がチームメイトからわずか0.001秒差の2番手に浮上する。

 さらにテオ・プルシェール(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)がセクター2で全体ベストをマークしながらアタックを敢行すると、1分38秒215を記録してトップへ。続いて坪井翔(VANTELIN TEAM TOM’S)が2番手、太田格之進(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)が3番手へと浮上してくる。坪井は翌周に1分37秒台に入れ、プルシェールを上回って暫定首位に立った。

 残り15分を切ったところで、牧野がセクター3までの全区間で全体ベストをマーク、セクター4ではインラップの車両にやや引っかかったものの、1分37秒455という、坪井を0.4秒ほど上回るタイムを記録し、首位に立った。

 セッション残り5分を切り、いくつかの陣営はニュータイヤを装着し、予選さながらの最終アタックへ。まずは山下健太(KONDO RACING)が3番手、続いて福住仁嶺(Kids com Team KCMG)が1分37秒台に入れて2番手に浮上してくる。

 そんななか、セッション序盤にはクラッシュもあったハイマンがセクター2で全体ベストをマークし5番手に浮上する。阪口晴南(VERTEX PARTNERS CERUMO・INGING)が4番手、岩佐がセクター1全体ベスト、セクター2、3でも自己ベストを刻むも、首位には届かず2番手タイムとなる。しかし直後にこの岩佐のタイムを山本が上回り、2番手に飛び込んだ。

 最終盤、1アタックしたタイヤを履いてコースインしたと見られる牧野は、ベストタイムの更新はならなかったものの、1分37秒6を記録してみせた。

 これで前日から3セッション連続で、牧野がトップタイムを記録。このセッション2番手は山本、3番手以下は岩佐、福住、坪井、阪口、山下、ハイマンというトップ8のオーダーとなった。

 前日のセッション2の30分短縮により、午後の最終セッション4は当初予定より30分延長され、14時30分開始、17時終了の予定となっている。