2月22日、三重県の鈴鹿サーキットで全日本スーパーフォーミュラ選手権の公式合同テストの2日目が行われ、14時30分から2時間30分行われたセッション4では、山下健太(KONDO RACING)がトップタイムをマークして2日間のテストを締め括った。

 天候は曇り、気温は11度、路面温度は11度という、午前のセッション3終盤から続くドライコンディションのなか、開幕を前にした最後のセッションは14時30分にスタートを迎えた。

 その3分後の14時33分、Juju(TGM Grand Prix)がデグナー立ち上がりで右側のガードレールへとクラッシュし、セッションは開始早々に赤旗となった。

 Jujuのマシンの回収を経て、14時44分に走行が再開されると、一部車両はアタックモードに。ここまで3セッションで最速の牧野任祐(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)が1分38秒241というターゲットタイムをマークすると、笹原右京(VANTELIN TEAM TOM’S)が1分37秒970と上回り、さらにルーキーの岩佐歩夢(TEAM MUGEN)が1分37秒627でタイムシート最上段につけた。

 その後、ロングランを行う陣営が増えるなか、セッション中盤に入る頃にはルーキーの木村偉織(San-Ei Gen with B-Max)が3番手に、そして大嶋和也(docomo business ROOKIE)が1分37秒320をマークし、トップへ。

 すると直後にテオ・プルシェール(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)が1分36秒818と、今回のテストで初めて1分36秒台へと入れて暫定首位に立ち、さらに佐藤蓮(PONOS NAKAJIMA RACING)が1分36秒454とプルシェールの全体ベストを超える。そして山下が1分36秒327と、全体ベストが続々と塗り替えられていく。福住仁嶺(Kids com Team KCMG)も2番手タイムをマークする。

 なお、セッションのスタートから1時間後まではOTS(オーバーテイクシステム)の使用が可能となっており、ベストラップを刻んだ周にOTSを使用していた車両もあったものと見られる。

 セッション開始から1時間、修復を行っていたJujuのマシンが再びコースへ。すると直後に三宅淳詞(ThreeBond Racing)がNISSINブレーキヘアピン立ち上がりでスピンしマシンを止めたため、赤旗中断となった。

 15時47分に走行再開。するとここで太田格之進(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)がセクター1で全体ベストを更新、1分37秒069を記録して6番手に浮上してくる。

 その後しばらくは順調にセッションが進行、各車は周回を重ねていたが、16時32分、デグナーでラウル・ハイマン(TGM Grand Prix)がコースオフ、グラベルにストップしたことで、このセッション3回目の赤旗となった。

 16時42分、セッションは残り18分で再開。残り10分を切ってから、本格的な最終アタック合戦が始まった。なお、岩佐とプルシェールはこの最終盤、コースインせずガレージにとどまっている。

 この最終アタックでは阪口晴南(VERTEX PARTNERS CERUMO・INGING)、坪井翔(VANTELIN TEAM TOM’S)、牧野らが自己ベストタイムを更新するが、OTSが使用可能なセッション前半でマークされたトップ3のタイムを上回る者はなく、セッション最速は山下、2番手に福住、3番手が佐藤というオーダーのまま全車チェッカーを迎えた。

 4番手は牧野、以下は坪井、プルシェール、太田、阪口までがトップ8に。首位から14番手までが1秒以内に入るという、今季の混戦を予感させるテスト結果となった。

 ルーキー勢ではプルシェールの6番手が最上位に。木村は11番手、岩佐が18番手、Jujuはトップから3秒636差の21番手でこのセッションを終えている。

 これで開幕前の公式セッションはすべて終了。第1戦は鈴鹿サーキットで、3月9〜10日に行われる。