『Sky F1』のコメンテーターを務めるマーティン・ブランドルは、シャルル・ルクレールは1ラップではF1最速のドライバーだと認めつつ、将来フェラーリのチームメイトになるルイス・ハミルトンを見くびることはまったく賢明ではないと彼に警告している。

 ティフォシにとって、7度のF1チャンピオンであるハミルトンが2025年にフェラーリレッドを身にまとって走ること、そして、ルクレールと同じマシンで競い合うことは、非常に魅力的だ。

 ブランドルはルクレールの純粋な才能を認めており、1ラップでは現チャンピオンのマックス・フェルスタッペンをも上回る最速のドライバーといってもいいと評価している。

 一方でブランドルは、ルクレールは速さを持ち合わせているものの、時折限界を超えてしまう瞬間があるとも認めている。それは彼の、アグレッシブで限界ぎりぎりまで攻めるドライビングスタイルに起因している。

 そして、ルクレールはハミルトンを過小評価するべきではないと、ブランドルは主張する。ハミルトンは2021年以降勝利がないものの、レースとチャンピオンシップを制する能力を持っていることは間違いないからだ。

「ルクレールは予選の一発においては、現時点で最速のドライバーといってもいいかもしれない。マックス・フェルスタッペンを含めて考えてもだ」とブランドルは『Sky Sports News』に語った。

「彼は目がくらむほど速い。しかし、時々やるべきではないことをやり、コースから飛び出してしまう傾向がある。なぜなら彼は限界近くでドライビングするからだ」

「しかし(ルクレールとハミルトンは)素晴らしい組み合わせだ。そして今のチームメイト、カルロス・サインツも素晴らしいドライバーであることを無視してはならない。サインツは、(2025年に)メルセデスを含めた他のどこかのチームに行くことになる」

「ルイス・ハミルトンに関して言えば、決して彼を見くびってはならない。彼がレースやチャンピオンシップを制する方法を知っていることは明らかだ。彼がフェラーリで、さらに勝利を重ね、タイトル争いをするためにチームを駆り立てることができれば、まさにシューマッハーを彷彿させる存在になるだろう」