2月26日、2024年MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ 第1戦鈴鹿2&4レースのJSB1000クラス 鈴鹿主催事前テストが三重県の鈴鹿サーキットで行われた。2日間の日程で行われるテストの初日は、元王者や注目選手が多いなか、中須賀克行(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)が2分06秒729でトップタイムを記録した。

 気温約10度で、雲はあるが晴れた鈴鹿サーキットは、風も強かった印象だ。F1日本GPが4月の開催となり、鈴鹿2&4レースは3月9〜10日と早まった。そのため、この時期の事前テストは初めてということもあり、4回行われた走行の1本目は様子見のため数ラップでピットに戻るライダーが多かった。

 YAMAHA FACTORY RACING TEAMのふたりは、早朝にチームでの集合写真の撮影のためレーシングスーツ姿だったが走らず。水野涼(DUCATI Team KAGAYAMA)のピットでは、マシンのセッティングが進められて、コースに出ることはなかった。そんななか、スズキがトップ2となり、津田拓也(AutoRace Ube Racing Team)が2分11秒676で1番手、渥美心(ヨシムラSERT Motul)が2分11秒823で2番手だった。

 2本目からはYAMAHA FACTORY RACING TEAMや水野もコースイン。路面温度が少し上がったのか、中須賀が2分06秒913で堂々の首位に。渥美も2分08秒380までタイムを縮め、3番手は清成龍一(TOHO Racing)の2分09秒042、4番手は岡本裕生(YAMAHA FACTORY RACING TEAM 2)の2分09秒062だった。

 午前には、赤旗が3度掲示された。1本目に津田一磨(Team BabyFace)、2本目に津田拓也と清成で、3回全てがS字カーブでフロントが切れ込んだ転倒だった。寒いこともあり、路面温度やタイヤの熱の問題のようだ。マシンにもラジエーターにアルミテープを貼り、エンジンが冷えすぎない対策をしていたり、ブレーキキャリパーにアルミテープを巻いていたチームがほとんどだった。

 午後になっても気温11度付近までしか上がらず、3本目にホンダ機でのスポット参戦となる渡辺一樹(TOHO Racing)がS字で転倒。4度目の赤旗中断となりこのセッションは約25分で終了した。トップは中須賀の2分06秒857、2番手は渡辺一樹の2分07秒500、3番手は岡本の2分08秒059だ。

 初日最後のフリー走行4回目は、14時から15時15分の1時間15分に変更された。開始から約15分頃にデグナーカーブ2つ目で岩田悟(Team ATJ)が転倒。再開後すぐに新庄雅浩(Team TATARA aprilia)のマシンから白煙が上がってエンジンブロー。この日は計6度の赤旗が掲示された。

 中須賀は2分06秒729まで上げてこの日のトップタイムをマーク。渥美が2分07秒093で総合2番手。FP4の3番手は2分07秒612の伊藤和輝(Honda Dream RT SAKURAI HONDA)となり、総合3番手はFP3で2分07秒500を記録した渡辺一樹だった。

 長島哲太(DUNLOP Racing Team with YAHAGI)は2分08秒165で総合6番手、水野は2分08秒309で総合7番手、高橋巧(JAPAN POST HondaDream TP)は2分08秒799で総合11番手、渡辺一馬(Astemo Honda Deam SI Racing)は15番手、亀井雄大(Honda Suzuka Racing Team)は16番手、野左根航汰(Astemo HondaDream SI Racing)は17番手となっている。

 マイナーチェンジされたCBR1000RR-Rを駆るホンダ勢はほぼシェイクダウンの状態、水野のドゥカティ機も初走行だ。テスト2日目にはさらにセッティングが進められ、レースウイークも木曜日から走行があるため、開幕戦鈴鹿2&4レースの順位はさらに入れ替わることとなるだろう。

■2024全日本ロードレース選手権第1戦鈴鹿2&4 JSB1000クラス 鈴鹿主催事前テスト フリー走行1日目 総合タイム結果
Pos.No.RiderTeamMotorcycleTyreBest Time11中須賀克行YAMAHA FACTORY RACING TEAMヤマハYZF-R1BS2’06.729213渥美心Yoshimura SERT MotulスズキGSX-R1000RBS2’07.093335渡辺一樹TOHO RacingホンダCBR1000RR-RBS2’07.50049伊藤和輝Honda Dream RT SAKURAI HONDAホンダCBR1000RR-RBS2’07.61252岡本裕生YAMAHA FACTORY RACING TEAM 2ヤマハYZF-R1BS2’08.059630長島哲太DUNLOP Racing Team with YAHAGIホンダCBR1000RR-RDL2’08.16573水野涼DUCATI Team KAGAYAMAドゥカティPanigale V4RBS2’08.30986津田拓也AutoRace Ube Racing TeamスズキGSX-R1000RBS2’08.448910岩田悟Team ATJホンダCBR1000RR-RBS2’08.5231020日浦大治朗Honda Dream RT SAKURAI HONDAホンダCBR1000RR-RBS2’08.5551133高橋巧JAPAN POST HondaDream TPホンダCBR1000RR-RBS2’08.799124名越哲平SDG Honda RacingホンダCBR1000RR-RBS2’08.905137清成龍一TOHO RacingホンダCBR1000RR-RBS2’09.0421414児玉勇太Team KodamaヤマハYZF-R1BS2’09.1201536渡辺一馬Astemo Honda Deam SI RacingホンダCBR1000RR-RDL2’10.109165亀井雄大Honda Suzuka Racing TeamホンダCBR1000RR-RBS2’10.1781732野左根航汰Astemo HondaDream SI RacingホンダCBR1000RR-RBS2’11.1321821星野知也TONE RT SYNCEDGE4413 BMWBMW M1000RRDL2’11.2861934柴田義将Taira Promote RacingヤマハYZF-R1DL2’11.5102018柳川明KRP SANYOUKOUGYO&RS-ITOHカワサキZX-10RBS2’11.5782122新庄雅浩Team TATARA apriliaアプリリアRSV4 Factory 1100BS2’11.8982217杉山優輝Honda Suzuka Racing TeamホンダCBR1000RR-RBS2’11.9212312関口太郎SANMEI Team TARO PLUSONEBMW M1000RRBS2’12.0132427中冨伸一RSNヤマハYZF-R1DL2’12.0452528芳賀瑛大NITRO WORK NAVI OGURA CLUTCHヤマハYZF-R1BS2’12.0532623津田一磨Team BabyFaceヤマハYZF-R1BS2’12.0612731佐野優人KRP SANYOUKOUGYO RSITOHカワサキZX-10RRBS2’12.0732837吉田愛乃助TONE RT SYNCEDGE4413 BMWBMW M1000RRDL2’14.9002929須貝義行TEAM SUGAI RACING JAPANホンダCBR1000RR-RBS2’16.7013038Dzegede ZechariahTONE RT SYNCEDGE4413 BMWBMW M1000RRDL2’19.603