いよいよ3月9〜10日に迫った2024年全日本スーパーフォーミュラ選手権の開幕。前年王者こそ不在ではあるものの、FIA F2王者から“現役女子高生ドライバー”まで、話題の注目ルーキーが参戦するほか、メーカー・チームを移籍したドライバーも多い。また、共通ダンパーが導入されることなどにより、これまでの勢力図が動く予感も漂う注目のシーズンとなりそうだ。

 ここでは2月21〜22日に鈴鹿サーキットで開催された公式合同テストを前にした『メディアデー』でのドライバー・監督らの発言をもとに、今季体制の変更点や注目ポイントなどをチームごとにまとめ、連載していく。

 今回は、マシンカラーリングがガラリと変更されたSan-Ei Gen with B-Max(B-Max Racing Team)だ。

■San-Ei Gen with B-Max 2024年スーパーフォーミュラ参戦体制
・ドライバー:木村偉織(No.50)
・監督:本山哲
・チーフエンジニア:宮田雅史
・エンジン:ホンダ/M-TEC HR-417E

公式サイト:
http://www.b-maxracing.co.jp/


■「SFライツでの経験が活きるところも数多い」

 神奈川県綾瀬市に本拠を置き、自身も“DRAGON”としてレース活動を行う組田龍司チーム総代表の下、スーパーフォーミュラを頂点にスーパーフォーミュラ・ライツ、FIA F4などのフォーミュラ・カテゴリーに参戦するB-Max Racing Team。

 今季のSFでは2023年のスーパーフォーミュラ・ライツ王者であるルーキー、木村偉織をドライバーに抜擢し、1台体制でシリーズを戦うことになった。

 また、メインスポンサーに食品添加物の総合メーカー、三栄源エフ・エフ・アイ株式会社を迎えたことで車名が『San-Ei Gen with B-Max SF23』となり、マシンカラーリングも一新。同社のコーポレートカラーであるブルーをまとうこととなった。

 木村はすでに2023年12月の合同/ルーキーテストにもB-Max Racing Teamから出走、2月の鈴鹿公式合同テストと合わせ、SF23での走行経験を重ねている。また、SFライツでも所属していたチーム、そして2022年にはともにSFライツを戦っていた宮田エンジニアと再びタッグを組むという面も、スムーズな順応を支えていそうだ。

 ステップアップを果たす木村は「たぶん(SF)ライツでチャンピオンを獲っていなかったら、ここにはいないと思います。クルマのスピードレンジは上がっていますけど、ライツでの経験がSFに活きるところが数多くありました」と語る。

 本山監督はそんな木村の12月のテストでの走りを、「思ったより走ってくれた」と表現する。

「緊張したり、いろいろ考えたりとかもすると思うのですが、あまり考えすぎずに、ただ一生懸命速く走ろうとしてくれれば、あとは僕なり宮田さんなりでサポートしてあげられると思う。思っていたよりちゃんと走れるドライバーで安心しました」

 一方の木村も、国内トップフォーミュラを4度制した経験を持つ本山監督から「勝つためにできることを全部吸収していきたい」と言う。12月のテストでも「スーパーフォーミュラでのエアロを使った走り方だったりとか、そういった細かい部分を、乗った後に動画を見ていただいて『こういう風に走った方がいいんじゃないか』とアドバイスいただいたりしていました」と、すでに本山監督から多くを学んでいるようだ。

■ルーキー・オブ・ザ・イヤーを争う岩佐歩夢は「逆の性格」

 現時点では、岩佐歩夢、テオ・プルシェール、Jujuとともに、4名でルーキー・オブ・ザ・イヤーを争う立場となる木村。岩佐やプルシェールといった「F2でガンガン走っているドライバー」(木村)たちと争うタフな状況にも、「F2の経験と比べるとまだまだ足りないところもたくさんあるのは事実なので、まずは結果と速さと強さを結びつけて、そこに早く追いついて追い越す、ということに集中しています。そうすれば、ルーキー・オブ・ザ・イヤーは獲れると思います」と意欲を燃やしている。

 なお、その岩佐は鈴鹿サーキットレーシングスクール時代の同期。「スクールのときはすごい真面目というか、寡黙に淡々とやり込むタイプで、僕と性格はちょっと逆のタイプかな」と木村は5年前の岩佐のイメージを語る。

「歩夢がヨーロッパに行って、そのあたりがどう変わっているかは分からないですが、スクールで戦っていた同期が、別々のルートからスーパーフォーミュラにたどりついて、またライバルとして戦えることは『なんか、いいな』と思います」

 2024シーズン、注目のルーキーのひとりとなる木村を擁するSan-Ei Gen with B-Max。今季は1台体制となるが、チームにとっては2022年第3戦鈴鹿以来となる“トップフォーミュラ2勝目”を目指して戦うことになる。