いよいよ3月9〜10日に迫った2024年全日本スーパーフォーミュラ選手権の開幕。前年王者こそ不在ではあるものの、FIA F2王者から“現役女子高生ドライバー”まで、話題の注目ルーキーが参戦するほか、メーカー・チームを移籍したドライバーも多い。また、共通ダンパーが導入されることなどにより、これまでの勢力図が動く予感も漂う注目のシーズンとなりそうだ。

 ここでは2月21〜22日に鈴鹿サーキットで開催された公式合同テストを前にした『メディアデー』でのドライバー・監督らの発言をもとに、今季体制の変更点や注目ポイントなどをチームごとにまとめ、連載していく。

 今回は新たに三宅淳詞を起用して2024シーズンに臨む、ThreeBond Racingだ。

■ThreeBond Racing 2024年スーパーフォーミュラ参戦体制
・ドライバー:三宅淳詞(No.12)
・チーム運営・統括:株式会社スリーボンド
・チーム代表:阿部正和
・監督:道上龍
・チーフエンジニア:新井凌
・アドバイザー:塚越広大
・メンテナンス:クインゲルト株式会社
・エンジン:ホンダ/M-TEC HR-417E

公式サイト:
https://www.threebond.co.jp/companyinformation/sportssponsor/superformula/

■GT500との同時参戦は「本当に驚き」と三宅

 現行チーム体制のベースとしては、ThreeBond Drago CORSEとして2020年からシリーズに参戦を開始したThreeBond Racing。過去2シーズンは福住仁嶺の1台体制で戦ってきたが、今年はトヨタ陣営へと移籍した福住に代わり、三宅淳詞をチームに迎え入れることとなった。

 2022年にTeam GOHからデビューした三宅は昨年、ThreeBond Racingでリザーブドライバーを務め、レースに帯同。2023年12月のテストでも12号車をドライブしており、その後、年明けにチームから起用が正式発表された。

 三宅は今年、スーパーGT GT500クラスにもデビューを飾るが、スーパーフォーミュラでホンダエンジンのマシンをドライブし、スーパーGTではニッサン陣営から参戦するということで、メーカーをまたいで日本のトップカテゴリーを戦う形となった。

 昨年はスーパーフォーミュラのレギュラーシートを失ったことに加え、スーパーGT GT300クラスでは車両火災によりシーズン途中で参戦が打ち切りになるなど、厳しい1年を過ごした三宅。そこからトップカテゴリーふたつのシートを射止めたことは、ある種の“シンデレラ・ストーリー”とも言える。

「去年の状況を考えると、トップカテゴリーふたつに出られるというのは本当に驚きです。その分、結果を残さなければいけないというプレッシャーもありますが、落ち着いて、チームの皆さんと力を合わせて頑張っていきたい」という三宅は、スーパーフォーミュラのオファーについてはGTでの所属先であるニスモにも報告し、「フォーミュラに乗ることでドライバーとしてのポテンシャルも上がる」ことから、「すぐに許可はいただけました」と明かした。

■「そろそろ結果を残さないと」というプレッシャー

 三宅はSFデビューイヤーの2022年、オートポリス戦で表彰台に登壇する活躍を見せた。道上監督は今季のレギュラー起用の決め手のひとつとして、このルーキー時代に三宅が残したリザルトにも言及している。

「参戦1年目にもかかわらず、ルーキーとして表彰台に上がったという実力がありましたので、去年の福住仁嶺と同じくらいの速さはもちろん持っていると思います。起用するポイントとしては速さと、人間性もすごくいいヤツですし(笑)、若いということもあります」と道上監督。

 エンジニアには、2シーズン前にも12号車を担当し、昨年はGR86/BRZカップを三宅とともに戦った新井凌氏が起用されるほか、車両メンテナンス体制も変更されている。

「三宅が入り、体制としても大きく変わったので、チームとしてどんなレースをするのかはすごく楽しみ」と語る道上監督だが、同時にプレッシャーも感じているという。

「2020年にThreeBond Drago CORSEとして参戦開始してから、5年目になります。1台体制でやってきているということでデータの蓄積などの面では不利ですが、だんだん良くはなってきています。ただ、常にポイントを獲れているわけでもないですし、表彰台にも上がれていないということで、続けていくためにはそろそろ結果を残していかないといけない。そこは僕自身もプレッシャーを感じています」

 2年ぶりのシリーズ復帰となる三宅も、「僕が出ていたとき(2022年)とはタイヤも(スペックが)変わっていますし、エアロも(SF23に)変わっていますので、開幕に向けてテストも少ないので、ミスなく着実に、クルマのデータをとらなくてはいけません」と現状の課題について語っていたが、その後の2日間のテストではやや苦戦していたのが気がかりだ。

「もちろん序盤から狙ってはいきますけど、序盤は焦らずに着実に、ミスを少なくして、後半戦に向けてしっかり結果を残していければと思っています」との三宅の言葉どおりに、まずはひとつひとつ課題をクリアして、上位への階段を登っていきたいところだろう。