2024年F1に向け、GrandPrix.comの執筆陣が、来るシーズンに注目する10の項目をピックアップした。チームの運命、F1が抱える問題点、ドライバー市場など、多岐にわたるテーマを個別に紹介していく。

────────────────

 セルジオ・ペレスは、2025年にもF1に残るためには、レッドブル以外のチームを探す必要があると、おそらく気付いていることだろう。2024年シーズン前半に劇的な挽回を遂げないかぎり、チームが彼を今季末で外すことはほぼ間違いない。

 レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は、ダニエル・リカルドをマックス・フェルスタッペンのチームメイトに戻すことを強く望んでおり、その問題に関して、ヘルムート・マルコとの内争すらためらわないほどだ。しかし2023年シーズン、アルファタウリ(現レーシング・ブルズ/RB)で、リカルドはチームメイトに圧勝したわけではない。実際には、角田裕毅のパフォーマンスがしばしば上回った。AT04がシーズンで最も高い競争力を発揮したメキシコで、角田はグリッドペナルティを受けなければならなかったが、予選でリカルドにトウ(スリップストリーム)を与えてサポートするという貢献も見せた。

 2024年にも角田が引き続き好調さを維持するなら、リカルドにとって厳しいシーズンになるだろう。リアム・ローソンは、すでに2025年のレーシング・ブルズのレースシートを確約されているといわれる。つまり、角田とリカルドのうちどちらかはチームを離れなければならない。望ましいのはレッドブル・レーシングへの昇格だが、ペレスが今年大活躍をして残留したり、チームが外部からペレスの後任ドライバーを連れてくるなどして空きシートがなく、レッドブルグループのシートを失う可能性もある。つまり、2024年はふたりにとって、来年のシートがかかった重要なシーズンになるわけだ。

 そういう状況ではチームメイト同士が行きすぎた戦いをしてチームにマイナスの影響をおよぼすケースが多々あるため、チームの新首脳陣であるピーター・バイエルCEOとローレン・メキース代表は、そういう事態を防ぐ必要がある。