3月15日、ENEOSスーパー耐久シリーズ2024 Empowered by BRIDGESTONEに参戦するPorsche Team EBIは、2024年の参戦体制を発表した。今季もST-Zクラスにポルシェ718ケイマンGT4 RSクラブスポーツを投入するが、ニューシャシーを使用。ドライバーラインアップも改められた。

 東京都内で7店舗のポルシェディーラーを運営するEBI Groupを母体とするPorsche Team EBIはさまざまなモータースポーツ活動を行ってきたが、2021年から2023年までPorsche Team EBI WAIMARAMAとして参戦。今季はPorsche Team EBIとしてシリーズに臨み、ポルシェの魅力をアピールしていくことになった。

 車両は718ケイマンGT4 RSクラブスポーツと2023年と同じだが、ニューシャシーを投入。今季も激戦が展開されそうなST-Zクラスに臨む。

 ドライバーラインアップは、ポルシェセンターやポルシェスタジオに勤務し、ポルシェの魅力を伝えるブランドアンバサダー『Porsche Pro』のひとりである北園将太がAドライバー、チームを率いる山野直也とふたりが継続参戦する。

 一方、昨年までチームに所属し、速さでチームを盛りたてていた千代勝正はスーパーGT活動に集中するべく今季はチームを離れ、新たに久保凜太郎と岩澤優吾が加わった。久保は2015年にPorsche Team EBIからポルシェカレラカップ・ジャパンに参戦した実績をもち、いわば古巣復帰。また岩澤は2023年にスーパーGTで活躍した実績をもつ。

 メカニックも、例年同様EBI Groupの各ポルシェセンター内から選ばれた精鋭が参戦、サーキットでポルシェメカニックとしての知識や技術を活かすとともに、レースメカニックとしての経験を各工場における日々の顧客サービスに還元していく。

Porsche Team EBI
2024年スーパー耐久シリーズ参戦体制
マシン名  :EBI GROUP Cayman GT4 RS CS
クラス   :ST-Z
カーナンバー:22
ドライバー :北園将太/久保凜太郎/山野直也/岩澤優吾