ウイリアムズ・レーシングは、7月に開催されるグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードに参加するが、他ならぬチーム代表のジェームズ・ボウルズが先頭に立ち、チームの最も象徴的なマシン『FW08』のステアリングを握ることになる。

 ボウルズがドライブするウイリアムズのFW08は、まさにF1のレジェンドであるケケ・ロズベルグが、1982年の世界タイトル獲得のために全力を尽くして駆ったマシンだ。

 クラシックなF1マシンの雷鳴のような轟音を味わうウイリアムズのメンバーは、ボウルズだけではない。アレクサンダー・アルボンとローガン・サージェント、そしてF1アカデミーのドライバーであるリア・ブロックがスリリングな体験を分かち合うことになる。ボウルズとブロックにとって、ウイリアムズのF1マシンをドライブするのは初めてのことだ。

「今年のグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードに参加し、モータースポーツへの情熱を世界中のファンと共有できることを楽しみにしている」とボウルズはコメントしている。

「フェスティバル・オブ・スピードは大変愛されている比類のないイベントで、ウイリアムズ・レーシングとモータースポーツ全体の豊かな遺産を祝う機会を与えてくれる」

「タイトルを獲得した遺産であるウイリアムズのF1マシンをドライブすることは、私にとって夢の実現になるだろう。ヒルクライムに挑戦して、毎年グッドウッドに集まる素晴らしい観客のためにショーを見せるのが待ちきれない」

 2024グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードは、駆動力の進化を称えることを目的としている。『Horseless to Hybrid – Revolutions in Power』をテーマにしたこのイベントでは、130年以上にわたる革新を網羅し、自動車業界の驚くべき道のりを参加者に紹介する。自動車が成し遂げた大きな進歩を振り返ると同時に、その有望な未来を垣間見ることができるだろう。

 グッド・フェスティバル・オブ・スピードの創設者であるリッチモンド公爵は、「ウイリアムズ・レーシングが輝かしいドライバーのラインアップと、我々のテーマである『パワーにおける革命』と見事に一致したFW08とともに、今年のフェスティバル・オブ・スピードに参加することをうれしく思う」と述べた。

「我々のファンは、F1チーム、マシン、ドライバーの活躍にいつも大いに興奮している。彼らと同じように、アレックス、ローガン、ジェームズ、リアがヒルを走るのを見ることを、大変楽しみにしている」