3月22日、2024年FIA F2第3戦メルボルンのフリー走行がアルバート・パーク・サーキットで行われ、デニス・ハウガー(MPモータースポーツ)が最速タイムを記録した。今回がオーストラリア初上陸となった宮田莉朋(ロダン・モータースポーツ/TGR WECチャレンジプログラム)は13番手となった。

 F1の登竜門レースとして、欧州、中東を中心に開催されているFIA F2。今回はFIA F2唯一のオセアニアラウンドとなる。日本との時差は2時間。週末の走りはじめとなる45分間のフリー走行は日本時間8時(現地時間10時)に、気温15度、路面温度20度、快晴のドライコンディションでスタートを迎えた。

 序盤、アムーリ・コルデール(ハイテック・パルスエイト)がターン1でコースオフ。自力でコース復帰を試みるもグラベルに捕まり、残り36分38秒というところでセッションは赤旗中断に。前戦ジェッダに続きフリー走行の時間が減ってしまう展開に。

 セッションは残り32分というところで再開。残り24分をきり、ランキング3位につけるハウガーが1分30秒936をマークして暫定トップにつける。

 一方、宮田は高速シケイン出口のターン10でコースオフを喫するシーンもあったが、計時上8周目には1分33秒403をマークする。

 残り22分を切り、前年のFIA F3王者のガブリエル・ボルトレート(インビクタ・レーシング/マクラーレン育成)が1分30秒373を記録するも、すぐさまハウガーが1分30秒303までタイムアップを果たし、トップの座を取り戻す。

 残り17分、宮田がターン12でコースオフを喫しグラベル上でストップ。宮田はコース復帰を果たすが、マシンからコース上に砂利を撒いてしまう様子が国際映像に映し出された。その間にハウガーは1分29秒654をマークする。

 残り10分、宮田は計時上15周目に1分31秒125をマークし、暫定13番手につけセッション終盤へ。

 残り5分を切るとアタックシミュレーションが白熱し、アイザック・ハジャル(カンポス・レーシング/レッドブル育成)がセクター1全体ベストを更新し、ハウガーから0.001秒差の2番手に浮上する。

 そんな最中、ラファエル・ヴィラゴメス(ファン・アメルスフォールト・レーシング)がターン1立ち上がりでスピンを喫し、コースサイドにマシンを止めてしまう。これで残り3分22秒というところで2度目の赤旗が提示され、フリー走行はここで終了に。

 ハウガーがトップのままフリー走行は終了。2番手にハジャル、3番手にアンドレア・キミ・アントネッリ(プレマ・レーシング/メルセデス育成)、4番手にゼイン・マローニ(ロダン・モータースポーツ/ザウバー育成)が続いた。宮田は最終的にトップから1.184秒差の13番手でフリー走行を終えた。

 2024年FIA F2第3戦メルボルンの公式予選は、F1のフリー走行2回目終了後の日本時間15時30分(現地時間17時30分)より30分間で行われる。

■2024年FIA F2第3戦メルボルン フリー走行結果
Pos.No.DriverTeamTimeLaps111D.ハウガーMPモータースポーツ1'29.65417220I.ハジャルカンポス・レーシング1'29.6551834A.アントネッリプレマ・レーシング1'30.1271745Z.マローニロダン・モータースポーツ1'30.25818522R.フェルシュフォートライデント1'30.3331869K.マイニインビクタ・レーシング1'30.3421571V.マルタンスARTグランプリ1'30.36718810G.ボルトレートインビクタ・レーシング1'30.37318923R.スタネトライデント1'30.38316102Z.オサリバンARTグランプリ1'30.71419113O.ベアマンプレマ・レーシング1'30.721171224J.デュルクセンPHM AIXレーシング1'30.78216136宮田莉朋ロダン・モータースポーツ1'30.838191412F.コラピントMPモータースポーツ1'30.859171517P.アーロンハイテック・パルスエイト1'30.88218167J.クロフォードダムス・ルーカスオイル1'31.23816178J.コレアダムス・ルーカスオイル1'31.295151825T.バーナードPHM AIXレーシング1'31.315161914E.フィッティパルディファン・アメルスフォールト・レーシング1'31.412152015R.ヴィラゴメスファン・アメルスフォールト・レーシング1'31.855172121J.マルティカンポス・レーシング1'31.879132216A.コルデールハイテック・パルスエイト1'52.7854