3月23〜24日、静岡県の富士スピードウェイで行われるスーパーGT公式テストに向けて、3月22日にサーキットでは準備が進められたが、今回STANLEY TEAM KUNIMITSUの第3ドライバーに起用された小出峻に、テストを前にした意気込みを聞いた。

 小出はHonda Formula Dream Projectで育ち、2022年にFIA-F4のチャンピオンを獲得。2023年にTEAM UPGARAGEからスーパーGT GT300クラスにデビューすると、第1戦岡山でのいきなりの優勝をはじめシーズン2勝。この年は全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権でも速さをみせてきた。

 2024年に向けて、小出はスーパーフォーミュラ・ライツではB-MAX RACING TEAMに移籍する一方、スーパーGTではTEAM UPGARAGEから2年目のシーズンに臨むことになっており、岡山公式テストでは小林崇志と三井優介とともにUPGARAGE NSX GT3をドライブしていた。しかし、そんな岡山公式テストの2日目、小出にGT500ドライブの打診が届いた。

 既報のとおり、GT500クラスに参戦するSTANLEY TEAM KUNIMITSUは牧野任祐が体調不良により岡山公式テストを欠場することになってしまい、療養のため富士公式テストも参加をスキップすることになってしまった。チームとしては牧野復帰を大前提としているが、STANLEY TEAM KUNIMITSU、HRCとして今季はリザーブドライバー制度もあり、岡山では岩佐歩夢を起用したのと同様、若手にGT500ドライブの機会を与えるべく、今回白羽の矢が立ったのが小出だった。

 3月22日、富士スピードウェイにHRCのウェアを着て姿をみせた小出に話を聞くと「正式に決まったのはつい2日前くらいですね」という。もちろん小出にとって、今回は初めてのGT500ドライブだ。緊張はしていないのだろうか? と聞くと「しています(笑)」という。

「話を聞くだけでもパワーもグリップも全然違うと思いますし、関わっている人の数もぜんぜん違いますからね。それほどの人たちの思い、それにお金についてもかかっている重みが違うと思うので、その点緊張しています」と小出。

「それでも平常心で頑張ろうと思っています。ただ、実際に平常心でいけるかは別です(笑)」

 小出の緊張を増すのは、週末の天候も関係している。土日とも雨が降る予報が出ているのだ。

「そこがさらに僕の不安をかき立てます(笑)」と小出は語った。

「でも天気ばかりは仕方ないですからね。初乗りくらいはドライで乗りたいと思っていますが、雨になることも想定してイメージは作っています。どんな状況であれ与えられた状況で、背伸びしないようにしようと思っています。チームから求められていることに対し、しっかりと返すことが大事だと思っています。自分ができることをしっかりやって、できないことは無理にしないようにしようと思います」

 小出はすでに2023年オフのテストではスーパーフォーミュラもドライブしているが、今回のGT500ドライブが、さらに経験になると期待した。

「スーパーフォーミュラもテストで乗せていただきましたが、その経験はライツにもしっかりと活きたましたし、GT500に乗ったことで活きてくる経験がすごく多いと思います。そういう意味では、自分はしっかりここで経験を積んで、本来自分がやるべきことに対し、しっかりとプラスにしていければと思っています」