3月23日、静岡県の富士スピードウェイで9時から行われたスーパーGT公式テストのセッション1では、雨のなか2024年から参戦するPONOS FERRARI 296のリル・ワドゥがコントロールを失い、タイヤバリアに激しくクラッシュしてしまった。ワドゥに怪我はなかったが、チームでは今後に向けて状況を判断していくことになりそうだ。

 2024年からフェラーリ296 GT3でケイ・コッツォリーノ/リル・ワドゥのコンビでスーパーGT GT300クラスに臨むPONOS RACINGは、これまで富士や岡山国際サーキットで行われたスポーツ走行参加を経て、岡山での公式テストに臨み、これまで印象的なスピードをみせてきた。

 迎えた3月23日の富士公式テスト初日のセッション1は、9時からの走行開始1時間ほど前から雨が降り出し、路面はウエットに。そんななかコースアウト等はありながらも赤旗中断なくセッションは続いていたが、開始から2時間9分ほどというタイミングでワドゥがドライブしていたPONOS FERRARI 296が、2コーナー立ち上がりのタイヤバリアに激しくクラッシュ。フロントに大きなダメージを負ってしまった。

「1〜2コーナーの間でアクアプレーニングに乗ってしまって、コントロールを失ってしまった」というのはワドゥ。幸い大きな怪我もなく「身体は大丈夫。痛みもない。あれほどのクラッシュだったけれど、フェラーリの安全性がすごく高かったことが助けてくれた」とすぐに自チームのピットに戻っていた。

 ただ非常に気になるのはPONOS FERRARI 296の車体の状況だ。フロントは大きくダメージを受けていたが、サブフレームが衝撃を吸収してはいるものの、メインフレームへのダメージは今後解析が必要そうだ。

 第1戦岡山は4月13〜14日で、実質3週間あるかどうかだ。修復作業に移るのか、それともすでに296 GT3の新たな個体を手配するかはまだ不明だ。296 GT3はすでに日本には複数台が入っていると言われている。

「ひとつ大きいのは、ドライバーが怪我をしなかったということです。フェラーリの安全性の高さが証明されたと言えると思います」というのは、チームメイトのコッツォリーノ。

「とりあえず現段階で確実にお伝えできる内容としては、リルが無事だったこと、また今日は走れないということです。明日についてはこれからチームでミーティングして状況を判断し、今夜か明朝にアナウンスすると思います」