ショウエイは、ネオクラシックフルフェイスの新グラフィックモデル『Glamster ABIDING(アバイディング)』を2024年6月から発売する。

 『Glamster』は、丸い帽体のクラシカルなデザインに現代の技術を掛け合わせたネオクラシックフルフェイス。

 スムーズな操作性と高い密着度を実現したシールド、上下2カ所のエアインテーク、緊急用ヘルメット取り外しシステム『E.Q.R.S.』など、レトロな外観や軽量コンパクトな設計でありながら、使い勝手や安全性はしっかり担保されている。また、開口部が大きく、広い視界が確保しやすいことも特徴だ。
 
 そんな『Glamster』に今回追加されたのが、新グラフィックモデル『Glamster アバイディング』だ。

 グレー/シルバー、レッド/ブラック、イエロー/ブラックの3色を揃える『Glamster アバイディング』は、それぞれシルバーまたはブラックをベースカラーとし、イメージカラーのラインが帽体後方に向かって跳ね上がるデザイン。

 1970年代に大流行したショウエイ『S-12』をどこかイメージさせる『Glamster』のフォルムにマッチした、かつてのレースシーンを思い起こさせるグラフィックとなっている。

 デカールにも『Glamster』の世界観が表れている。帽体の前方とサイドに配された“SHOEI”のロゴはクラシックロゴの書体で、青の縁取りに赤の文字という配色は、これまた『S-12』発売当時にも使われていたもの。

 また、帽体後方の“Glamster”ロゴには筆記体が採用され、ネオクラシックフルフェイスというこのヘルメットのコンセプトどおりのデザインとなっている。

 ビギナーからベテランまで、幅広い世代を粋なライダーにさせる『Glamster アバイディング』のカラーは、前述のとおりグレー/シルバー、レッド/ブラック、イエロー/ブラックの3種類。価格は6万1600円(税込)で、発売は2024年6月からの予定となっている。