3月29日(金)、WRC世界ラリー選手権第3戦『サファリ・ラリー・ケニア』のデイツーが行われ、TOYOTA GAZOO Racingワールドラリーチーム(TGR-WRT)のカッレ・ロバンペラ/ヨンネ・ハルットゥネン組(トヨタGRヤリス・ラリー1)が総合首位に立っている。TGR-WRTのレギュラーである日本人ラリードライバーの勝田貴元(トヨタGRヤリス・ラリー1)は、首位と1分00秒8差の総合3番手で大会二日目を終えている。

■2024年WRC世界ラリー選手権第3戦サファリ・ラリー・ケニア
SS7後暫定結果
Pos.No.DriverMachineGap169K.ロバンペラトヨタGRヤリス・ラリー11h16’22.6233E.エバンストヨタGRヤリス・ラリー1+0’56.9318勝田貴元トヨタGRヤリス・ラリー1+1’00.8411T.ヌービルヒョンデi20 Nラリー1+1’07.3516A.フルモーフォード・プーマ・ラリー1+1’46.6613G.ミュンスターフォード・プーマ・ラリー1+3’34.2722G.グリーンスミス(WRC2)シュコダ・ファビアRSラリー2+6’51.3819J.セルデリディスフォード・プーマ・ラリー1+9’11.7923K.カエタノビッチ(WRC2)シュコダ・ファビアRSラリー2+10’14.31020O.ソルベルグ(WRC2)シュコダ・ファビアRSラリー2+10’28.8
※リザルトは編集部集計