F1のパワーユニットをチャンピオンチームのレッドブル・レーシングと、その兄弟チームで日本人F1ドライバーの角田裕毅を起用するRB(ビザ・キャッシュアップRB)に供給しているホンダ。そのホンダのオフィシャル・テクノロジーサイトが今週末、鈴鹿サーキットで開催されるF1日本グランプリに合わせて、F1パワーユニットのテクノロジーを詳細に解説している。

 その内容がかなり高度でマニアックなのだ。今後は、F1だけでなく、ホンダが参戦している国内シリーズのスーパーGT、スーパーフォーミュラのテクノロジーの解説もする予定だというから、楽しみだ。

 ホンダ・テクノロジーサイトは、クルマだけでなく、バイクやマリン、先進技術などを詳しく解説している。

 ここにF1日本GPを前に、“モータースポーツテクノロジー”のカテゴリーがラインアップに加えられた。本日4月5日(金)に公開されたのは、『Formula 1』のコンテンツだ。その内容は、次の6本だ。

・なぜ、HondaがF1パワーユニットに挑むのか? 2015〜2026に向けて
・V6パワーユニットの進化 2015年〜2022年
・究極の燃焼効率を誇るテクノロジー進化 2015年〜2022年
・F1のカーボンニュートラル燃料とは?
・Hondaのハイブリッドテクノロジー(MGU-H、MGU-K)の進化 2015年〜2022年
・ESSバッテリーユニットと制御技術の進化 2015年〜2022年

 記事の内容はかなりハイレベルだ。技術解説はホンダのオフィシャルサイトだけに、ある意味“決定版”となるはずで、その分読み応えがある(超マニアックとも言える)。F1ファンだけでなく、自動車のテクノロジーに興味のある人には堪えられない記事になっている。この機会に一読してみては。

ホンダ・テクノロジーサイト|F1ページ:https://global.honda/jp/tech/motorsports/Formula-1/