4月5〜7日に鈴鹿サーキットで開催された2024年F1第4戦日本GP。史上初の春開催だけに随所でこれまでとは違った試みが多数見られた週末となるなか、レッドブル・ジャパンは、ターン7(NIPPOコーナー)イン側にVIPラウンジ『Red Bull Front Row(レッドブル・フロントロウ)』を建築し、訪れたゲストをもてなす新たな試みを展開していた。

 レッドブルといえば、モナコGPやオーストラリアGP、マイアミGPをはじめとする欧州、北米の主要グランプリにおいて、巨大なモーターホーム『レッドブル・エナジーステーション』を建築し、グランプリウイーク中はレッドブル・レーシング、ビザ・キャッシュアップRBのチームメンバーやドライバーの第2の我が家として、そしてチームが招待したVIPをもてなすホスピタリティとしても広く活用してきた。

 今回の日本GPに初めて姿を現した『Red Bull Front Row』は、VIPをもてなすホスピタリティに特化したレッドブル・エナジーステーションと言えるラウンジだ。ターン7のそばに建築された2階建ての建物で、1階にはフードを楽しめるビュッフェ、2階にはバーとDJブース、ドライバーのヘルメットやレーシングスーツの展示のほか、コースを見下ろせる観戦用バルコニーが設けられている。

 F1マシンであれば約270km/hで駆け抜けるターン7を、イン側の近い位置から観戦でき、まさに“最前列”(フロントロウ)と表せる体験ができるスポットとなっている。なお、4月5〜7日の日本GP開催にあわせ、3月18日より建築が開始されたというが、実際に足を運んでみると、外観・内装含め、わずか18日ほどで建築されたとは思えないほどのクオリティに驚かされた。

 また、ゲストを楽しませるエンターテイメントも充実していた。金曜日にはレッドブル・レーシングとRBでリザーブドライバーを務めるリアム・ローソン、予選が行われた土曜日にはマックス・フェルスタッペン、決勝が行われた日曜日には角田裕毅といったF1ドライバーが登場しゲストを驚かせた。

 さらには、レッドブル・アスリートの⻄窪友海(トライアルバイク)と早川起生(BMX フラットランド)によるショーケースや、モダンアート作家の池内信介氏による“門外不出のF1マシンパーツ”を使用したライブペイントなど、いずれの日も日常では味わうことのできない催しが行われており、F1の走行セッション以外の時間も飽きさせない試みを随所に感じることができた。

 なお、2024年は一般向けの販売は行われず、招待されたゲストだけが『Red Bull Front Row』でのF1観戦を楽しんでいた。今後の展開や一般への販売などは未定とのことだが、F1日本GPの新たな楽しみ方を生み出しただけに、またの実現を心待ちにしたいところだ。