2024年のWRC世界ラリー選手権の第4戦として、4月18日から21日にかけて開催される『クロアチア・ラリー 2024』のエントリーリストが公開されている。

 ヨーロッパ・クロアチアの首都ザグレブを中心に開催される『クロアチア・ラリー』。2021年にWRCの一戦として初開催され、今年で4年目を迎えるこのイベントはターマック(舗装路)が舞台となる。

 ステージはハイスピードなセクションとテクニカルなセクションが入り交じり、舗装自体のコンディション変化も大きいためグリップが変わりやすいことが特徴となる。

 また、コーナーのイン側をショートカットする“インカット走行”が多用され、路肩から大量の泥や砂利が舗装路面に掻き出されるために、非常に滑りやすくなる高難易度のラリーとしても知られる。

 そのクロアチア・ラリーへ、2024年マニュファクチャラー選手権で首位に立っているTOYOTA GAZOO Racingワールドラリーチーム(TGR-WRT)からは、レギュラーペアのエルフィン・エバンス/スコット・マーティン組(33号車)と勝田貴元/アーロン・ジョンストン組(18号車)に加え、開幕戦モンテカルロ以来の出走となるセバスチャン・オジエ/ヴァンサン・ランデ組(17号車)という3台のトヨタGRヤリス・ラリー1がエントリーする。

 そしてTGR-WRTと同じく3台体制を敷くのは、マニュファクチャラー選手権2位のヒョンデ・シェル・モービスWRT。現在ドライバーおよびコドライバー選手権で首位のティエリー・ヌービル/マルティン・ウィダグ組(11号車)と、2019年王者のオット・タナク/マルティン・ヤルヴェオヤ組(8号車)が継続してエントリーし、さらにオジエ同様に開幕戦以来の出走となるアンドレアス・ミケルセン/トルステイン・エリクセン組(9号車)を加わえた3台のヒョンデi20 Nラリー1でターマックラリーを戦う。

 唯一の2台エントリーとなったMスポーツ・フォードWRTは、現在2大会連続で3位表彰台を獲得しているアドリアン・フルモー/アレクサンドル・コリア組(16号車)と、初のフルシーズンを戦っているグレゴワール・ミュンスター/ルイス・ルッカ組(13号車)が出走する。

 そしてWRC2クラスは、各ドライバーが最大7つのイベント参加を選択可能で、上位6つの結果をチャンピオンシップの集計にカウントするレギュレーションとなっているが、クロアチア・ラリーには各メーカーのマシンを駆る有力ドライバーが集うこととなった。

 シトロエンからは、ヨアン・ロッセルとニコライ・グリアジンが開幕戦モンテカルロ以来のエントリー、シュコダはペペ・ロペスとガス・グリーンスミス(後者はポイント採択外エントリー)、ヒョンデはニコラ・シアミンとエミル・リンドホルムらが集い、ランキング上位勢のポイント争いだけでなく各メーカーの威信もかかる激戦が予想される。トヨタは、トヨタGRヤリス・ラリー2を駆るサミ・パヤリやゲオルグ・リンナマエ(両車ともにポイント採択外エントリー)のほかに、TOYOTA GAZOO Racing WRCチャレンジプログラムの2期生である小暮ひかると山本雄紀も第2戦スウェーデン以来の参戦を予定している。

 高難易度なターマックを舞台に、白熱したアタック合戦が期待されるクロアチア・ラリー。両クラスともに激しい戦いとなるであろう第4戦クロアチアは、4月18日から21日にかけて開催される予定だ。

■2024年WRC世界ラリー選手権第4戦クロアチア・ラリー エントリーリスト(RC1クラス/4月8日付)
No.TeamCarDriver&Co-DriverEligibility11ヒョンデ・シェル・モービスWRTヒョンデi20 Nラリー1ティエリー・ヌービルマルティン・ウィダグM33トヨタ・ガズー・レーシングWRTトヨタGRヤリス・ラリー1エルフィン・エバンススコット・マーティンM16Mスポーツ・フォードWRTフォード・プーマ・ラリー1アドリアン・フルモーアレクサンドル・コリアM17トヨタ・ガズー・レーシングWRTトヨタGRヤリス・ラリー1セバスチャン・オジエヴァンサン・ランデM8ヒョンデ・シェル・モービスWRTヒョンデi20 Nラリー1オット・タナクマルティン・ヤルヴェオヤM18トヨタ・ガズー・レーシングWRTトヨタGRヤリス・ラリー1勝田貴元アーロン・ジョンストンM9ヒョンデ・シェル・モービスWRTヒョンデi20 Nラリー1アンドレアス・ミケルセントルステイン・エリクセンM13Mスポーツ・フォードWRTフォード・プーマ・ラリー1グレゴワール・ミュンスタールイス・ルッカM