今季2024年も“グリーン・ヘル(緑の地獄)”の異名を取るニュルブルクリンクで行われる24時間レースと、同地で開催されるNLSニュルブルクリンク耐久シリーズに参戦するトーヨータイヤ。同社のレーシングタイヤを装着した170号車トヨタGRスープラGT4エボが、4月6日(土)に実施されたシーズン開幕戦でクラス優勝を飾った。

 トーヨータイヤは昨年に引き続き、ニュルブルクリンクで数々の入賞実績を持つドイツのリング・レーシングとパートナーシップを結び“トーヨータイヤ・ウィズ・リング・レーシング”のバナーの下、日本人ドライバーの木下隆行を含むラインアップでNLS、およびニュルブルクリンク24時間に出場する。

 4月6〜7日に行われたNLS第1戦/第2戦のダブルヘッダーには、トーヨーのグローバルフラッグシップ・ブランド『PROXES(プロクセス)』の名を冠した、サステナブル素材を採用するニュルブルクリンク・スペックのプロクセス・スリックを装着した2台のGRスープラGT4エボがSP10クラスに挑み、アンドレアス・ギュルデン/ティム・サンドラー/マルク・ヘネリッチ組が見事、クラス優勝を果たした。

 予選3番手からスタートした後、SP10クラスのポールシッターとの優勝争いを制した170号車のトリオは、翌7日(日)に開催された第2戦でもクラス2位を獲得。今季よりIGTCインターコンチネンタルGTチャレンジのカレンダーに組み込まれるニュルブルクリンク24時間と、その予選レースに向けて好調な出だしをみせた。

 なお、姉妹車の171号車GRスープラを駆る木下隆之/ミハエル・ティシュナー/ハイコ・テンゲス組は第1戦をクラス8位、第2戦ではクラス5位で4時間にわたって争われた各レースを完走している。

 週末のダブルヘッダーで2度表彰台の上がったギュルデンは「NLSの初戦を優勝で飾り、幸先のよいスタートを切ることができた」と喜ぶ。彼はまたトーヨー製レーシングタイヤの性能を称賛。次戦に向けては、次のように意気込みを語った。

「プロクセス・スリックはレースのスタートからゴールまで素晴らしいパフォーマンスを発揮し、ピットアウト直後もすぐにアタックできる頼もしいタイヤだ。ニュルブルクリンク24時間耐久の予選レースまであと1週間に迫っているが、チームの皆が素晴らしい仕事をしてくれているのでとても楽しみだよ。次のレースも頑張りたい」