今季よりオールグラベルへと一新され、4月12〜14日に開催されたERCヨーロッパ・ラリー選手権開幕戦『ラリー・ハンガリー』は、ラリー2規定注目の新型車種『トヨタGRヤリス・ラリー2』を含むトップランナーが次々に脱落する波乱の展開に。

 そんななか元ジュニアWRCチャンピオンのシモーネ・テンペスティーニ(シュコダ・ファビアRS ラリー2)がシリーズ初優勝を達成し、マシュー・フランチェスキーニ(シュコダ・ファビアRSラリー2)、ミクロス・チョモス(シュコダ・ファビア・ラリー2エボ)のシュコダ勢が表彰台を独占する結果となった。

 ディフェンディングチャンピオンのヘイデン・パッドン(ヒョンデi20 Nラリー2)を筆頭に、今季も実力者が集ったERC開幕戦だが、ラリーは金曜セレモニアルスタートを前にタイトル候補の一角であるマッズ・オストベルグ(シトロエンC3ラリー2)の「肺感染症で入院」との報で幕を開けた。

 これにより昨季最終戦の“ターマック”ハンガリーから連勝を狙っていた元WRCウイナーは、休養を余儀なくされることに。そんななか初日SS3こそテンペスティーニがベストタイムを奪ったものの、レグ1を通じて主導権を握ったのは、トヨタ/GR製の新型をドライブする元フィンランド王者だった。

 オーバーナイト・パルクフェルメの時点で後続に6.3秒差をつけ、暫定首位に立ったミッコ・ヘイッキラ(トヨタGRヤリス・ラリー2)は、明けた日曜SS10で失意の状況に見舞われる。

「いつもこんな感じだ、運はついてこない……」と肩を落としたヘイッキラは、メカトラブルにより10.1秒のリードが霧散し2年連続で開幕戦での好機を逸すことに。

「最初にリムが壊れ、その後にサスペンションをすべて失った……。もちろん、いつもある程度はどこかにヒットしているけど、特別なことは何もなかったし、なぜホイールを失ったのか本当に理解できないでいるよ」

 代わってラリーリーダーの座に着いたのもトヨタGRヤリス・ラリー2で、今季も引き続きチームMRFタイヤからエントリーするマルティン・セスクが、最終パワーステージ目前のSS12まで6.8秒のリードを維持していく。

■ライバルが相次いで脱落。テンペスティーニが初勝利
 しかし最後から2番目のステージ、フィニッシュまで残り2km弱の地点に差し掛かったラトビア出身ドライバーのGRヤリスは、高速左コーナーイン側の切り株に接触してバランスを乱し、そのままクラッシュ。新型車のデビュー戦で開幕制覇の夢は、ひとつのステージを残して砕け散ることとなった。

 ライバルの相次ぐ脱落により、ここで首位の座を得たミシュランタイヤ装着のテンペスティーニは、そのままパワーステージも制覇。最終的に17秒差をつけてERC初勝利を手に入れた。

「本当に、本当に素晴らしい気分だ」と、地元ルーマニア選手権では8勝を記録している29歳のテンペスティーニ。

「僕らは本当に良いラリーをした。(コドライバーの)セルジウ(・イトゥ)は本当に素晴らしいペースノートを用意してくれたし、彼は完璧だったよ。ERCでこのクルマとラリーをするのは初めてだったし“彼女”と勝てたのが本当にうれしいよ」

 一方、前輪駆動モデルで争われるジュニアERC部門では、今季もフル参戦を予定する19歳のマックス・マクレー(プジョー208ラリー4)が戦略的判断で快走。オープニングループでは、割り当てられたハンコックタイヤのうち4本のみを使用し、残りの8本を温存することを選択。SS8で右フロントタイヤのダメージを負いながらも、最終的にクラス初勝利を収めるクレバーさを披露した。

「とくにこんな難しくて大変なイベントで勝てたのは、とても特別なことだ」と、名門ファミリー出身の重責を背負うマックス。

「僕らは非常に賢明にプレーし、頭を使った。とてもいい感じだ。チャンピオンシップへの良いスタートだったし、次のラウンドでもこの調子を続けて、最終的にどこまで到達できるか見てみよう。とにかく良い開幕になったね」

 続く2024年のERC第2戦は、おなじみスペインのグランカナリア島で5月2〜4日に開催される第48回『ラリー・イスラス・カナリアス』が待ち受け、今季の全8戦中5戦が予定されるターマック・ラリーの初戦となっている。