4月20日(土)、イタリアのイモラ・サーキットでWEC世界耐久選手権第2戦イモラ6時間レースのスターティンググリッドを決定する予選とハイパーポールが行われた。地元のフェラーリ勢が圧倒的な速さを見せポールポジションを獲得する一方、TOYOTA GAZOO Racing(TGR)の2台は開幕戦のカタール同様、車両重量、車両バランスとタイヤ性能を引き出すのに苦労した。

 マイク・コンウェイ/小林可夢偉/ニック・デ・フリースの7号車は可夢偉がアタックを担当し、1分30秒410で6番手。ディフェンディングチャンピオンのセバスチャン・ブエミ/ブレンドン・ハートレー/平川亮の8号車はハートレーのアタックで僅差の8番手となっている。

 今季のWECでは、予選フォーマットが変更。ハイパーカー19台全車による予選が行われ、そのトップ10車両が、続いて行われるハイパーポールへと進む2ステージ制となった。

 15時25分に始まった12分間の予選では、残り3分で8号車のハートレーが3番手となるこのセッションでの自己ベストタイムを記録し、7号車可夢偉もこれに続く4番手に。そのすぐ後、スピン車両発生により赤旗が出されセッションが中断、残り2分弱で再開されたが、上位の順位は入れ替わることなく、2台のGR010ハイブリッドはともにハイパーポール進出を果たした。

 続いて行われた10分間のハイパーポールのセッションでは、8号車のハートレーが残り2分のアタック中にスピンを喫したが、そのまま走行を継続し、最後のアタックで8番手タイムをマーク。7号車可夢偉も最後の最後に更新したタイムで、6番手グリッドを獲得している。

 6時間で争われる決勝レースは、21日(日)現地時間13時(日本時間20時)にスタートが切られる。

■小林可夢偉(チーム代表兼7号車ドライバー)

「できることはすべてやりましたが、残念ながらやはりフェラーリには届かず、約1秒差をつけられてしまいました」

「我々7号車が6番手、ブレンドンの8号車が8番手という結果は、決勝を考えれば悪い位置ではありませんし、ポジションを上げていくチャンスはあると思っています」

「このコースはとても狭く、LMGT3車両もいるので、追い抜くのは難しいでしょう。いろいろなことが起こると思いますが、そんな中でも自分たちの走りを貫き、タイトル争いのためにもまた好結果を残せればと思っています」

■ブレンドン・ハートレー(8号車)

「燃料が少なくクルマが軽い状態、かつ新品タイヤでこのコースを攻めるのは最高だった。昔ながらの素晴らしいコースで、とても楽しかった」

「残念ながら、予選の結果は期待どおりとはいかなかった。トップ6の速さはあったと思うが、アタックラップで何度か他車に引っかかってしまった。また、ハイパーポールではスピンを喫してしまい、万全だったとは言えない」

「4番グリッドまで行ける可能性があったかもしれないが、結果は結果なので、いまは決勝に集中し、良いスタートを決めて表彰台を争いたいと思う」