2024年F1中国GPの予選で、メルセデスのルイス・ハミルトンはQ1落ちを喫し、18番手に沈んだ。午前のスプリントでは2位を獲得した。

 19周のスプリントでは、2番グリッドから1周目にランド・ノリス(マクラーレン)をかわしてトップに立った。8周目までリードを維持したが、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)に抜かれて2番手に落ち、その位置を維持してフィニッシュした。

 予選を前にセットアップを変更。ハミルトンはそれが裏目に出たと考えている。

 トト・ウォルフ代表は「スプリントでは我々のマシンの真のペースを上回る結果を出したということは分かっていた。そこでスプリントと予選の間に、低速でのパフォーマンスを改善するため、大きなセットアップ変更を行うことにした。我々の学習プロセスをサポートするために、ふたりのドライバーはそれぞれかなり異なる方向に進むことを選んだ」

「しかし今日のシングルラップでそれはうまくいかなかった。ただ、ルイスはターン14でのロックアップで0.5秒を失っており、あれがなければQ1は楽に突破できていただろう」

■メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム
スプリント 2位(2番グリッド/タイヤ:ミディアム)
予選 18番手(Q1=18番手1分35秒573:ソフトタイヤ)

 スプリントでフロントロウに座れたのは素晴らしい気分だった。ターン1に向けて競い合い、リードを奪った時には、このスポーツの何を愛しているかを思い出したよ! チャレンジングなレースだったけれど、2位になれたのは素晴らしかった。

 とはいえ、午後の予選が厳しいものになるだろうことは分かっていた。スプリントの後に低速コーナーでのマシンを改善しようと大きくセットアップを変更した。コーナーによってはそんなに悪くないところもあったけれど、それ以外の場所では苦労することになった。ターン14ではリヤタイヤを止めるのが難しく、最後のラップはそこでロックアップしてしまった。それがなければQ2に進むことはできただろう。

 明日はベストを尽くすつもりだ。18番手からのスタートだとしても楽しむことはできるよ。

(予選後にメディアに対して語り)スプリントではジョージ(・ラッセル)と僕はほとんど同じマシンに乗っていたが、午後の予選に向けて、マシンの実験をすることにした。かなり大規模なセットアップ変更をした。僕と彼はセットアップにおいて違う方向に進み、何かを見つけられればと思った。今の僕たちにはそれが必要だからだけど、うまくいかなかったね。結局、僕の方は間違った方向に行ってしまった。

 仕方ないよね。セットアップ変更をする時に、「これ以上悪くなりようがないよね?」と思ったんだけど、実際、悪くなってしまったんだ。