2021年F1エミリア・ロマーニャGPの決勝終了後、キミ・ライコネン(アルファロメオ)とランス・ストロール(アストンマーティン)がそれぞれペナルティを受けて降格された。これによって最終結果とポイントスタンディングに変更が生じた。

 ライコネンは9位でフィニッシュ、2ポイントを獲得するはずだった。しかし赤旗後のレース再開時に違反があったとして30秒加算のペナルティを受けた。リスタート前のラップで、ライコネンはターン3でスピンし、ポジションを落とした後、いくつか順位を取り戻した。規則では、セーフティカーライン1(SC1)前までに本来のポジションを取り戻せない場合は、ピットレーンに入り、全車がピット出口を通り過ぎた後にコースに復帰しなければならない。その規則に従わなかったために、ライコネンは10秒のストップ&ゴー・ペナルティを受け、レース後だったため、代わりに30秒のタイムペナルティが科された。これによりライコネンは13位に降格され、ポイントを失った。

 一方、レース後に、ストロールがピエール・ガスリー(アルファタウリ)をコース外を使ってオーバーテイクした疑いがあると報告されたスチュワードは、この件を調査。ストロールはターン3を完全にショートカットしなければオーバーテイクすることはできなかったと判断し、ストロールに5秒のタイムペナルティおよびペナルティポイント1を与えた。7位だったストロールは8位に降格、その影響でガスリーは8位から7位に繰り上がった。

 大クラッシュに発展し、赤旗の原因となったバルテリ・ボッタス(メルセデス)とジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)の接触についても審議が行われた。ラッセルがボッタスを追い越そうとした際に起きた接触だが、スチュワードは、ボッタスはラインを維持して走行、常に右側に1台分のスペースを残していたと判断。ラッセルが急激にボッタスに近づいていくなか、ターン1に向けてコース右側のスペースが狭まっていき、ターン1の路面は当時、ひどいウエット状態ではなかったものの、ラッセルの右側のタイヤが濡れた部分に乗り、突然体勢を崩した、とスチュワードは説明している。DRSを開いていたことでラッセルのウイリアムズがダウンフォースが低い状態だったことも影響したと考えられている。

 最終的にスチュワードは、この件はレーシングインシデントであると判断し、どちらのドライバーにもペナルティを科さないことを決めた。
 接触直後の無線や、レース直後の会見で、ふたりは互いに相手を批判する発言を行っていた。

 一連のペナルティが反映された最終リザルトでは、7位以下に変更がなされ、7位ガスリー、8位ストロールに続き、エステバン・オコンとフェルナンド・アロンソが9位と10位に繰り上がり、アルピーヌがダブル入賞となった。アロンソにとっては、F1復帰後初のポイント獲得ということになる。