アラバマ州バーバー・モータースポーツパークで開催されたNTTインディカー・シリーズ開幕戦。18日の決勝レースは、3番手スタートのアレックス・パロウがチップ・ガナッシ移籍後初戦でインディカー初優勝を挙げた。

 佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)は、中団から抜け出せず13位で開幕戦を終えた。

 ポールポジションのパト・オワード(アロウ・マクラーレンSP)を先頭に90周のレースがスタートする。

 しかし、オープニングラップでジョセフ・ニューガーデン(チーム・ペンスキー)がスピンを喫し、数台が巻き込まれるマルチクラッシュが発生。ニューガーデンを含む4台がストップし、コルトン・ハータ(アンドレッティ・オートスポート)もマシンに大きくダメージをおってしまう。

 8周目にレースは再開するも、翌周ジミー・ジョンソン(チップ・ガナッシ)が単独スピン。再びイエローコーションに。

 ジョンソンはレースに復帰し、13周目にリスタート。オワードがトップをキープし、アレクサンダー・ロッシ(アンドレッティ・オートスポート)、アレックス・パロウ(チップ・ガナッシ)と続いていく。

 18周を終えたところでオワードとロッシが1回目のピットインへ。トップに立ったパロウはプッシュし続けマージンを築くと、31周終わりでピットイン。オワードの前でコースに復帰する。

 オワードは前を走るジャック・ハーベイ(メイヤー・シャンク・レーシング)を交わすとパロウを攻め立て、35周目にオーバーテイク。実質のトップを奪い返す。

 前を走る車がピットインし、トップに立ったオワードは、パロウとの差を開き、5秒差となった42周終わりで2度目のピットイン。3ストップ作戦を選択しているオワードだが、ブラックタイヤの熱が入りづらくペースを上げることができない。

 一方、パロウは2番手のウィル・パワー(チーム・ペンスキー)に10秒の差をつけてトップを快走する。

 パワーも負けずと徐々にパロウとの差を詰め始める。パロウは61周を終えてラストピット作業となる2度目のピットイン。パワーも翌周に最後のピットインを行う。

 2ストップ組に、3ストップのオワードがどこまで迫れるか。レースは終盤戦へ突入する。

 66周を終えてオワードが最後となる3回目のピットイン作業を行う。パロウとは約8秒差の5番手でコースに復帰。

 残り20周でパロウ、パワー、スコット・ディクソン(チップ・ガナッシ)、マーカス・エリクソン(チップ・ガナッシ)、そしてオワードの順に。

 パワーは0.5秒近くまで迫るも、パロウは最後までリードを守り、インディカー初優勝を挙げた。

 2位にパワー、3位にディクソン、オワードは5秒差まで迫ったが4位となった。

 佐藤琢磨は、オープニングラップのアクシデントを切り抜け12番手にアップするも、トップ10内には入れず13位で開幕戦を終えている。

■NTTインディカー・シリーズ開幕戦アラバマ決勝レース結果
Pos.No.DriverTeamEngineLapsSP110A.パロウチップ・ガナッシH903212W.パワーチーム・ペンスキーC90439S.ディクソンチップ・ガナッシH90545P.オワードアロウ・マクラーレンSPC901514S.ブルデーA.J.フォイト・レーシングC9016621R.ヴィーケイエド・カーペンター・レーシングC9014715G.レイホールレイホール・レターマン・ラニガンH901888M.エリクソンチップ・ガナッシH906927A.ロッシアンドレッティ・オートスポートH9021051R.グロージャンデイル・コイン・ウィズ・RWRH9071160J.ハーベイメイヤー・シャンク・レーシングH90111222S.パジェノーチーム・ペンスキーC90151330佐藤琢磨レイホール・レターマン・ラニガンH9019143S.マクラフランチーム・ペンスキーC90121518E.ジョーンズデイル・コイン・レーシングH90131620C.デイリーエド・カーペンター・レーシングC90101729J.ヒンチクリフアンドレッティ・オートスポートH8924184D.ケレットA.J.フォイト・レーシングC89231948J.ジョンソンチップ・ガナッシH87212059M.チルトンカーリンC8620217F.ローゼンクヴィストアロウ・マクラーレンSPC62222226C.ハータアンドレッティ・オートスポートH259232J.ニューガーデンチーム・ペンスキーC08
※編集部調べ