ドゥカティが800ccスクランブラー・シリーズのニューモデル「ナイトシフト」を日本で発売した。

ドゥカティ「スクランブラー・ナイトシフト」概要

ドゥカティのレトロなネイキッドスポーツ、スクランブラーシリーズ。その人気の中心となっているのが、800ccの空冷Lツインエンジンを搭載し扱いやすく軽快な走りを楽しめるスタンダードモデル的存在の800シリーズで、個性的なスタイルを持つ異なる多彩なバリエーションが用意されている。

そして2021年モデルでは、新たなスタイルを採用した「スクランブラー・ナイトシフト」が追加されることが予告されていたが、2021年3月28日に日本でも発売された。

「スクランブラー・ナイトシフト」は、オートバイにスタイリッシュさを強く求めるライダーに向けてデザインされた。その車名である「ナイトシフト」からもわかるように、夜の雰囲気と無限の自由からインスパイアされた、アビエーター・グレイと名付けられた、ダークなボディカラーを採用しているのが特徴。

小ぶりで印象的なタンクをはじめとする、スクランブラーの魅力であるレトロなデザインはそのままに、スイングアームマウントのフェンダーを採用してテール周りを短く切り詰めて軽快さをプラス。フラットトラックレーサーのようなサイドゼッケンプレートも装着されてスポーティさも強く感じさせる。

フロント18インチ・リア17インチのスポークホイールに標準装着されるタイヤは、舗装路とダートを幅広くカバーできるピレリ・MT60。800シリーズの定番的存在である「フルスロットル」と「カフェレーサー」を融合させたというべき存在だ。

2021年モデルのスクランブラー各モデルと同様、「スクランブラー・ナイトシフト」もデュアルチャンネルのコーナーリングABS採用、スマートフォンなどとの連携のための「ドゥカティ・マルチメディア・システム(DMS)」の搭載、シフトインジケーターと燃料計などのアップデートを受けている。

ドゥカティ「スクランブラー・ナイトシフト」主なスペック

全長×全幅×全高 2165×867×1060mm
ホイールベース 1445mm
シート高 798mm
車両重量 196kg
エンジン形式 空冷4ストOHC2バルブL型2気筒
総排気量 803cc
ボア×ストローク 88×66mm
圧縮比 11.0
最高出力 73hp/8250rpm
最大トルク 66.2Nm/5750rpm
燃料タンク容量 13.5L
変速機形式 6速リターン
タイヤサイズ(前・後) 110/80R18・180/55R17
ブレーキ形式(前・後) Φ330mmディスク・Φ245mmディスク

まとめ:小松信夫

[ドゥカティが新型車「スクランブラー・デザートスレッド・ファストハウス」を発表! 限定800台のコラボモデル - webオートバイ]

[800ccのドゥカティスクランブラー「デザートスレッド」と「アイコン」に2021年モデルの新色が登場! - webオートバイ]

[ドゥカティが「スクランブラー1100PRO」「スクランブラー1100スポーツPRO」を日本でも発売! - webオートバイ]