2021年7月28日、ヤマハが「MT-09 SP ABS」を発売した。スタンダードモデルの「MT-09 ABS」は、8月26日の発売予定だ。この記事では、新型「MT-09」シリーズの特徴やカラー設定などを紹介する。

ヤマハ新型「MT-09 ABS」シリーズの特徴

ヤマハのモダンでスポーティなネイキッドスポーツ・MTシリーズ。その豊富なラインナップの中で、走りもスタイリングも特に個性的な存在として人気を集めてきた「MT-09 ABS」がモデルチェンジを果たした。

スタンダードモデルの「MT-09 ABS」より一足早く、オーリンズ製のリアサスペンションとダブルステッチ入りシート、塗り分け塗装タンクなどを装備した上級仕様の「MT-09 SP ABS」が7月28日に発売された。

新型「MT-09 ABS」シリーズは、従来モデルの「トルク&アグリー」キャラクターを発展させ、操ることを楽しむための「The Rodeo Master」をコンセプトに、エンジン、車体を刷新して開発された。

従来モデルの特徴だった、クロスプレーン・コンセプトに基づいて開発された845cc水冷並列3気筒エンジンは、ストロークアップによって排気量を888ccにまで拡大。ピストン、コンロッド、カム、クランクケースなど主要パーツも設計し直され、よりトルクフルな出力特性を実現するのと同時に大幅に軽量化された。インジェクター取付位置をシリンダーヘッドからスロットルバルブ側に変更するなどフューエルインジェクションも一新して、燃焼効率も改善されて燃費も改善。

新開発のIMUを搭載。エンジン出力を制御する「ECU」と、ブレーキ油圧を制御する「HU」に展開され、それぞれの制御が相互に連動してポテンシャルを効率良く引き出す。介入レベルの調整やON・OFF設定も可能で、力強く敏捷な「MT-09」らしい走りをサポートする。

排気音や吸気音の質が「乗り味」の重要な要素であることに着目、サウンドチューニングによってトルク感・加速感を演出。1.5段膨張室サイレンサーと左右対称のテールパイプが、 発進時にリアの駆動力と同期した排気音によってトルクを感じ、スロットルを開けた瞬間に音が増大。そして回転上昇に従って、ライダーへ主に聞こえるのが排気音から吸気音へ切り替わり、断面積と長さの異なる3つの吸気ダクトの、各ダクトの音を共鳴、かつ音圧をチューニングして中・高回転域でのサウンドを強調して、気持ちの良い加速感を演出。

新型フレームは、直進安定性と操縦性を両立させるために、縦・横・ねじり剛性のバランスを重視した設計で、エンジン搭載角を立て気味としてサイズをコンパクト化。ヘッドパイプ位置は30mm低くされフロント荷重が掛けやすくなり、優れた接地感も得ている。

スイングアームはアルミパネルを溶接したボックス構造として剛性と軽量化を両立、さらにピポット締結をアームの外側からフレームで支える構造に変更して、スリムさを犠牲にせずに優れた安定性を実現した。最新のCFアルミダイキャスト技術を活かし、最低肉厚を3.5mmから1.7mmとするなど、フレーム、シートレール、スイングアームを合わせて従来モデルから2.3kgもの軽量化を達成。

「鋳造でありながら鍛造に匹敵する強度と靭性のバランス」を実現する、ヤマハ独自の「スピンフォージドホイール」技術によってホイールは従来モデルより前後で約700g軽くなり、リアの慣性モーメントも11%低減。「MT-09」ならではの機敏な走りに大きく貢献している。

エアインテークとフロントウィングには、空気の流れや音の波といったサウンドを想起させるテーマを採用。また全体にエンジンを中心に凝縮させることで力強いトルク感も表現。

スムーズなトップラインに、オーバーハングの小さいシルエットを組み合わせた初代以来の「意のままに操れるイメージ」に加え、カバー類を極力減らしたゼロカバー造形によって軽快なハンドリングも表現した。

コンパクトさとデザイン性を両立したバイファンクションLEDヘッドランプは、ポジションランプも導光体を備えたLEDタイプ。大きく進化した新しいMTシリーズのポテンシャルを全身のスタイリングでも表現している。

ヤマハ新型「MT-09 ABS」シリーズのカラーバリエーション・価格

カラーリングは、スタンダードな「MT-09 ABS」が、パステルダークグレー(グレー)、ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)、マットダークグレーメタリック6(マットダークグレー)の3色。税込価格は110万円。上級版の「MT-09 SP ABS」は、ブラックメタリックX(ブラック)の1色のみで、税込価格は126万5000円。

ヤマハ新型「MT-09 ABS」シリーズの主なスペック

全長×全幅×全高 2090×795×1190mm
ホイールベース 1430mm
シート高 825mm
車両重量 189kg/190kg(SP)
エンジン形式 水冷4ストDOHC4バルブ並列3気筒
総排気量 888cc
ボア×ストローク 78×62mm
圧縮比 11.5
最高出力 120PS/10000rpm
最大トルク 9.5kgf・m/7000rpm
燃料タンク容量 14L
変速機形式 6速リターン
キャスター角 25°
トレール 108mm
タイヤサイズ(前・後) 120/70ZR17・180/55ZR17
ブレーキ形式(前・後) ダブルディスク・ディスク

まとめ:小松信夫

[撮りおろし写真で見るヤマハ新型「MT-09」 - webオートバイ]

[ヤマハ「MT-09」ツーリング・インプレ(2019年)- webオートバイ]

[【インプレ】ヤマハ「MT-09 SP」(2018年) - webオートバイ]

[ヤマハ新型「MT-07」発売!- webオートバイ]

[ヤマハ「トレーサー9 GT」発売! - webオートバイ]