ストライダーなどのランバイクから、キッズバイクへ繋ぎ渡すプロダクト「ヨツバモト“Meow”」がデビューして早4年。すっかり子供用電動バイクとして定着した感があるが、兼ねてより情報がちょい出しされ続けてきた少し大きなヨツバモトが発売間近だ。渾身のプロモーションビデオと共に、その概要をお伝えしよう。

Meowに乗り慣れた3人のスーパーキッズ達が、ダートフリーク社内で見つけ出したものとは…

今度のヨツバは変形する!!! トライアル、モトクロス、そしてモタードも? 乗れるようになったキッズが、さらに遊べるゴキゲンバイク

ヨツバモト
WOOF 16/20
¥193,600/198,000

写真は、トライアル仕様にトランスフォームしたもの。

きっちりステアをチャレンジできるクラスの出力と、頑丈さ。本格的なトライアル車へ移行する前に、いちどオフロード遊びの愉しさを覚えるための、大事なステップになるのかもしれない。バッテリーは48V、モーター750Wの出力。

こちらがモトクロス仕様だ。シートを取り外し、スイングアームの取り付け位置を変更することで好みのポジションに変化する。

モデルのゴウくんは、65ccをふりまわせるスーパーキッズだが、ずっと遊び続けられるくらい軽くて楽しい。車重はたった24.5kg。50ccのバイクよりも圧倒的に軽いのだ。小学校低学年のライダーの平均体重をターゲットに開発されたという。

スライドまでは難しいかもしれないけど、40km/hの最高速度はモタード遊びをするには十分なもの。ロードタイヤのラインナップはないけれど、ユーザーのカスタマイズ次第でいろんな遊びかたに敷衍できる。

シートを取り払うだけでなく、ホイールベース、車高などのディメンションまで変化するのだが、これはチェーンドライブをもたないインホイールモーターだからこそ実現できたシステム。

ミャウを販売して、世の中はこう動いた…

ダートフリーク社、ヨツバモト開発責任者の伊藤氏は「ストライダー→ヨツバモト(Meow)→PW50とバイクとランバイクをつなぐ製品として開発されたミャウでしたが、蓋をあけてみたら引き続き静かな電動バイクに乗りたい、という要望がでてきました。それと、レンタル施設などでも大きなバイクも欲しい、という要望がありました。また、僕自身トライアルのための入門的な電動バイクがないことが引っかかっていて、WOOFの開発をはじめました」と語る。世界的な半導体不足や、流通の障害などもあって当初の発売から遅れつつあるものの、WOOFはめでたく生産に入っており、10月末には発売の報を出せる予定だそうだ。

ミャウから大きく性能アップしたのは、モーターだけでなく足まわりも。前後MTB用のサスペンションを使用、路面の衝撃をいなすだけでなく、サスをつかったライディングを学べるようにもなった。

出力セッティングも、レスポンスと出力レベルの2種類でわけてセッティングが可能に。

フレームは、当初ミャウの押し出し材をそのまま伸ばしたテスト品などもあったそうだが、いまは4つの楕円パイプを組み合わせたような形に成型されたものを使用する。待望の脱着可能なバッテリーは、最下部にマウント。

前後ブレーキは、Vブレーキからディスクブレーキへ進化し、かっちり感とストッピングパワーを向上させた。

立ち位置的には、PW50より走り、CRF50Fと比べてどうか、というようなところ。ただ、そもそもエンジンつきのバイクと比べること自体がナンセンスだと言えるのかもしれない。