250ccアドベンチャークラスで高い人気を誇っているのがスズキのVストローム250。アドベンチャーらしいスタイリング、爽快な吹け上がりのSOHC ツイン、リーズナブルな価格と魅力にあふれたモデルだ。その人気の秘訣を改めて試乗チェックしていこう。
文:太田安治、木川田ステラ、オートバイ編集部/写真:南 孝幸、赤松 孝

スズキ「Vストローム250 ABS」インプレ・解説(太田安治)

幅広い層のライダーを満足させるパッケージング

250ロードスポーツはエントリーユーザーの支持が多いが、アドベンチャーはベテランに人気。今回Vストローム250に試乗して感じたのは、250スポーツとアドベンチャー、それぞれの魅力を1台で両立させるための割り切りの良い作りだ。

GSR250シリーズのハーフカウル版「S」がルーツだとは思えないほど、外装はタフなアドベンチャースタイルに生まれ変わっている。スクリーンやナックルカバー、キャリア、センタースタンドまで標準装備して、ロングツーリングに出かけたくなる「夢のある」パッケージングも魅力だ。

割り切りの良さを最初に感じたのがライディングポジション。ハンドル幅もシート高もネイキッドタイプのロードスポーツと変わらず、街乗りが楽。

タンク後端とシート前端の幅を絞り込んであるのでニーグリップを効かせやすく、足着き性もいい。着座位置の自由度も高く、長時間走行なら座面の広いシート後ろ側に座るとお尻も痛くなりにくい。

SOHCのツインエンジンはスムーズさと低中回転域トルクの太さに定評があり、発進加速の力強さはクラスナンバーワンと言っていい。タンデムでもクラッチ操作やエンジン回転に気を使うことはないし、3速でも難なく発進できてしまうほど。

回転を上げていっても加速感は変わらず、回転上昇に応じてパワーが出てくる。街乗りなら4000回転台を使っていれば充分で、100km/hあたりまではスムーズに速度が乗る。

6速・100km/hは最大出力発生回転数に近い約7800回転で、高速道路でのクルージングでもパワー不足は感じないし、スクリーンの防風効果も大きく、上半身への風圧をしっかり遮ってくれる。

意外だったのはサス設定。前後とも張りのあるセッティングで、街乗りでは若干硬さを感じるものの、加減速による車体姿勢の変化が少ないのでビギナーでも扱いやすいし、キビキビ走らせることもできる。

荒れた路面を飛ばすとキックバックは大きめに出るが、二人乗りだと格段に落ち着きが増す。これもタンデムや長距離ツーリングで荷物を満載した際のバランスを考慮した結果だろう。

アドベンチャールックでも、その中身はツーリング適性を高めた快適なロードスポーツモデル。Vストロームはエントリーユーザーからベテランまでを満足させる一台に仕上がっている。

スズキ「Vストローム250 ABS」カラーバリエーション

カラーバリエーションは「パールネブラーブラック/ハイテックシルバーメタリック(BY6)」、「パールネブラーブラック/ソリッドダズリンクールイエロー(BJE)」、「トリトンブルーメタリックNo.2(QHV)」、「パールネブラーブラック(YAY)」の4タイプ。

パールネブラーブラック/ハイテックシルバーメタリック(BY6)

パールネブラーブラック/ソリッドダズリンクールイエロー(BJE)

トリトンブルーメタリックNo.2(QHV)

パールネブラーブラック(YAY)

スズキ「Vストローム250 ABS」ライディングポジション・足つき性

シート高:800mm
ライダーの身長・体重:176cm・62kg

アドベンチャールックだがハンドル幅は意外に狭めでロードスポーツ的。高めのグリップ位置で上半身は完全な直立になり、街乗りからロングランまで快適にこなせる。シートが前下がりなので前側に座ると足つきもいい。

スズキ「Vストローム250 ABS」タンデム(2人乗り)チェック

パッセンジャー 木川田ステラの感想

グラブバーの形状がとても掴みやすいもので、位置もちょうど良く、自然なポジションが取れるので、しっかり体を安定させられて安心感が高いです。

シートもほどよい硬さで疲れにくく、ロングランも苦になりません。ちょっと高めの着座位置からの眺めも良く、タンデムで旅に出るのが楽しみになるバイクです。

スズキ「Vストローム250 ABS」各部装備・ディテール解説

スズキ「Vストローム250 ABS」主なスペック・価格

全長×全幅×全高 2150×880×1295mm
ホイールベース 1425mm
最低地上高 160mm
シート高 800mm
車両重量 189kg
エンジン形式 水冷4ストSOHC2バルブ並列2気筒
総排気量 248cc
ボア×ストローク 53.5×55.2mm
圧縮比 11.5
最高出力 18kW(24PS)/8000rpm
最大トルク 22N・m(2.2kgf・m)/6500rpm
燃料タンク容量 17L
変速機形式 6速リターン
キャスター角 25゜10'
トレール量 100mm
タイヤサイズ(前・後) 110/80-17M/C (57H)・140/70-17M/C (66H)
ブレーキ形式(前・後) Φ290mmディスク・Φ240mmディスク
メーカー希望小売価格 61万3800円(消費税10%込)

文:太田安治、木川田ステラ、オートバイ編集部/写真:南 孝幸、赤松 孝

[スズキ「Vストローム250」500km試乗インプレ 驚くべき実燃費と航続可能距離が明らかに! - webオートバイ]

[【キャンプ・積載インプレ】スズキ「Vストローム250」のフルパッケージがすごい! - webオートバイ]

[プロカメラマンが撮った渾身のVストローム250の写真(柴田直行) - webオートバイ]

[スズキGSX250RとVストローム250ABSを乗り比べてみた!(葉月美優) - webオートバイ]