従来型とあまりにも違って衝撃の新型『GSX-S1000』でワインディングへ向けて出発! その途中の高速道路でちょっと予想外の事態になりました……

え? なんで高速道路が快適に感じるんだ?

2021年モデル、スズキの伏兵たる新型『GSX-S1000』はスタイリングとして他にはない個性を手に入れました。

なにせ顔つきがコレでしょう? なんかもう国産車に見えないですよね。

しかも前回の【街乗り編】でお伝えした通り、新型は従来型と走りかたがまるで違う。

ここまで見た目が違って、走りまで全然変わってると、私(北岡)としては『え? これはもう車名が同じなだけで完全に別のバイクですよね?』っていう気持ちになります。

【街乗り編】からの続きです

[新型『GSX-S1000』に衝撃!? 143万円の価格がちょっと高い……と思うアナタにも聞いて欲しい! - スズキのバイク!]

だけどまぁ、GSX-S1000といえばスーパースポーツ譲りの心臓を持つ本格スポーツネイキッドが信条のはず。

この見た目で『街乗り快適になりました』だけで終わったら、私を含めた全国のスズキファンはがっかりです。

ということで、近場のワインディングへ向かうために軽く高速道路へ!

街乗りがあれだけ変わったんだから、高速道路に乗ったらどうなるんだろう、なんか新型はウイングついたし、そろそろ空飛ぶんじゃねぇかな?(←飛びません) とけっこうワクワクしてました。

ただ、GSX-S1000はご覧の通りのネイキッドスタイルですのでツーリングバイクみたいな防風性能は望めません。

こりゃ風との戦いになるかなと、そう思っていたりもしました。

それというのもですね……

従来型のGSX-S1000が、わりとそういう傾向にあったからです。

炸裂するパワーを解放しようと思えば、走行風が立ちはだかる。

もちろん法定速度もあるので、逆にスピードを抑えて時速90kmくらいで走るほうがココロが平穏だったりするということは、過去の記事でもお伝えしております。

【関連記事】

[走りが本気すぎる『GSX-S1000』でのツーリングは修行なのか? - スズキのバイク!- 新車情報や最新ニュースをお届けします]

だけど新型GSX-S1000は街乗りで優しいパワーフィーリングを感じさせました。それが高速道路ではどう印象が変わるのか?

荒ぶるGSX-S1000は健在か!?

パワーよりも驚く新型『GSX-S1000』の快適さ

そんな気持ちで高速道路を走り出す訳ですが、これもけっこう本気で驚いた。

もちろんアクセルを開けていけば従来型から2馬力アップの150馬力ですから、パワーはあり余ってる状態ですが、そんなことよりスゴかったのが快適性。

街中でも感じたアクセルON/OFFのスムーズさは高速道路でもかなりいい感じです。

●従来型GSX-S1000オーナーだったら感動もの

従来型GSX-S1000オーナーの人には信じられないかもしれませんが、新型はなんと3速を使って時速100kmでの快適クルージングができるんです。

これ、オーナーじゃない人には『?』かもしれませんが、従来型は3速/時速100kmで走ろうものなら、鋭すぎるレスポンスで加速/減速のたびに車体がガクンガクン揺れる(笑)

しかも、新型はなんだか乗り心地も良く感じるし、安定感まで増しているように思える。

基本的にフレームやスイングアーム、前後サスペンションは従来型から変更は無いはずなのに……そこが最初は理解ができませんでした。

乗り心地に関しては、たぶんタイヤだろうと思っています。

新型は専用設計されたダンロップ製のRoadsport 2 を履いているんですが、このタイヤが体感的にソフトな感じなんです。新型GSX-S1000専用にアジャストされたタイヤ。後ほどまた伝えますが、これがけっこういい。気に入ってます。

そして、安定感に関してはおそらくなんですが……

デザイン上の特徴のひとつでもあるウイングレット。これが空力的に効いているんじゃないかと。

実際これは飾りではなく、きちんとした機能部品として採用されているとのことですから、高速道路ペースだったら作用してるはず。その結果、フロント側にダウンフォースが発生し、前輪の接地感を高め、それが体感的な安心感につながっているのではないでしょうか。

なにせウイングレット付きのバイクなんて、このGSX-S1000が初めてなので、予測みたいな感じになっちゃってすみません(笑)

新型『GSX-S1000』はツーリングも快適?

新型GSX-S1000は高速道路クルージングが格段に快適になった。これは、そう断言できます。

なんなら個人的には『これにクルーズコントロールつけたら、長距離もかなりいけるんじゃない?』って思ったくらい。

それほどに快適だったんです。

大パワーに急かされることようなことも無く、時速100kmで落ち着いて、疲れずに走り続けられる。

従来型GSX-S1000オーナーたちが望んでやまなかったもののひとつ。それを新型は手に入れています。はっきりと言い切りますが、高速道路の快適性は、従来型とはもう比較になりません。

(下に続きます)

【こちらもどうぞ】

[【クイズ】高難度! スズキ『SV650』や『Vストローム650』に搭載されてる隠れた名機エンジンを知ってる? - スズキのバイク!]

[最強最速=手強い! と思い込んでた!? 新型『隼』をかなり『カン違い』してた話 - スズキのバイク!]

[ガソリン29L入ります! 800㏄単気筒エンジンを積んだ『DR800S』はVストローム1050のルーツに連なるバイクだった - スズキのバイク!]

[世界一速い250ccと呼ばれた『T20』はスズキ初のスーパースポーツだった!? 仮面ライダーのサイクロン号も中身はコレ! - スズキのバイク!]

【Twitterはじめてみました】

よろしければフォローなど頂けると私(北岡)が喜びます。

[スズキのバイク! 公式Twitterはこちらです]

まったくもう……こんなところでも大幅に進化してるなんて、まったく予想してませんでした。

ホントにこれ、GSX-S1000なの?

そう言いたくなる気分です。そして、ツーリングが大好きな私(北岡)として言わせてもらえば、その進化すべてが好ましい。

まだ本番としてのワインディングを走る前なのに、もうこのバイク、気に入っちゃったどうしよう!?

NEXT▶▶▶完璧に近い? 新型『GSX-S1000』は峠の走りも難しくない!

続きはこちら!

[GSX-R1000Rに似てる? 新型『GSX-S1000』のエンジンが電子制御で開花した! - スズキのバイク!]

【街乗り編】へ戻る

[新型『GSX-S1000』の走りが衝撃!? 143万円の価格がちょっと高い……と思うアナタにも聞いて欲しい! - スズキのバイク!]

新型『GSX-S1000』の記事は他にも!

[新型は人気のあった先代モデルを新型は超えられるか!? - スズキのバイク!]

[新型『GSX-S1000』の走行映像&開発者インタビューがYoutubeで公開中! - スズキのバイク!]

【従来型はこちら】

[148馬力を身近にしてくれた『GSX-S1000』には感謝するしかない! - スズキのバイク!]

スズキファンのためのWEBサイト!

[スズキのバイク!- TOPへ戻る]