「ネオスポーツカフェ」シリーズの旗艦にして、スポーツCBのトップモデルでもあるCB1000Rが進化した。各部を見直して一層洗練されたスタイリングに進化したのに加え、今回からスマホ連携機能も採用。高級車らしい、充実進化を遂げての登場だ。

ホンダ「CB1000R」2021年モデルの特徴

これまでの魅力を活かしたアップデートを敢行!

ホンダ・CB1000Rは、モダンテイストのカフェレーサー風スタイルに強固なスチール製フレーム、CBR1000RRベースのパワフルなエンジン、高精度なSFF-BP倒立フォークなどスポーティなメカニズムを組み合わせる新世代スポーツCBシリーズのトップモデル。これまでも高レベルのパフォーマンスと存在感を示してきたが、今回デビュー以来初のモデルチェンジを迎えた。

とはいえ、もともとの素性の良さ、ポテンシャルの高さもあり、基本メカニズムは従来型から継承。大きく手が入ったのはスタイリングで、絶妙なデザインのタンクに象徴される凝縮感のある台形プロポーションを活かしながら、スラント形状のヘッドライトやシュラウドなどをデザイン変更して流麗なイメージをプラス。機能面では、音声入力による操作も利用できる「ホンダ・スマートフォン・ボイス・コントロール」も新採用された。

ホンダ「CB1000R」2021年モデル 足つき性・ライディングポジション

シート高:830mm
ライダーの身長・体重:176cm・62kg

基本的にライポジは従来のものと同様。ワイドなハンドルとやや前傾した上体で、ネイキッドとしてはスポーティなポジション。シートはやや高めで、身長170cm以下だと、足つきはかかとがやや浮く感じ。

●タンデムチェック

パッセンジャー・国友愛佳の感想

タンデムシートの広さと肉厚は充分で、ヒザの曲がりもきつくはないのですが、座面の前後長が短く、テールカウルを切り落としたようなデザインなので、タンデムはライダーに密着する必要があります。

ホンダ「CB1000R」2021年モデル 各部装備・ディテール解説

ホンダ「CB1000R」2021年モデル 主なスペック・価格

全長×全幅×全高 2120×790×1090mm
ホイールベース 1455mm
最低地上高 135mm
シート高 830mm
車両重量 213kg
エンジン形式 水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒
総排気量 998cc
ボア×ストローク 75.0×56.5mm
圧縮比 11.6
最高出力 107kW(145PS)/10500rpm
最大トルク 104N・m(10.6kgf・m)/8250rpm
燃料タンク容量 16L
変速機形式 6速リターン
キャスター角 25゜
トレール量 100mm
タイヤサイズ(前・後) 120/70ZR17M/C(58W)・190/55ZR17M/C(75W)
ブレーキ形式(前・後) ダブルディスク・シングルディスク
メーカー希望小売価格 167万900円(消費税10%込)

文:小松信夫/写真:南 孝幸

[【カラーバリエーション・人気色投票】「CB1000R」2021年モデル - webオートバイ]

[「CB1000R」インプレ・解説(2020年) - webオートバイ]

[「CB1000R」960kmツーリングインプレ(2019年) - webオートバイ]

[「CB1000R」カスタムモデル紹介 - webオートバイ]