「パニガーレV4」登場後も多くのライダーを引きつける2気筒の「パニガーレV2」。その特徴を紹介しよう。
文:小松信夫/写真:DUCATI

ドゥカティ「パニガーレ V2」車両解説

公道からサーキットまで、操る楽しさをハイレベルで実感

ドゥカティのラインアップで、最高峰のスーパーバイクである「パニガーレ」シリーズ。当初は伝統のLツインエンジンを搭載するモデルからスタートしたが、2018年にMotoGPのノウハウをフィードバックして開発された新世代モデルの「パニガーレV4」が登場する。

しかしその後にも、レースベースマシンとしてのV4系モデルとは別に、長年愛されてきた完成度の高いツインエンジンモデルを発展させた、サーキットやワインディングでライディングを楽しむためのモデルとして「パニガーレ959」が存在。そして2020年モデルでは、さらに「パニガーレV2」へとモデルチェンジした。

「パニガーレV2」は、カウリングデザインの変更により、「パニガーレV4」風の最新レーシースタイルを採用してイメージチェンジ。2気筒モデルならではのスリムで軽量な車体に搭載されるエンジンは、かつて存在したレース対応モデルと比べると、排気量の小さい955ccのスーパークアドロ・エンジン。

とはいえ最高出力155hpと十分に強力であり、しかもストリートに向いた特性を備え、最新の電子制御デバイスを装備していることもあって、軽快なハンドリングと力強い動力性能を兼ね備えた、絶妙なトータルバランスを実現している。

レースの主役はV4に譲ったが、今だに多くのライダーを引きつけるだけのパフォーマンスを「パニガーレV2」は備えているのだ。

ドゥカティ「パニガーレ V2」主なスペックと価格

全長×全幅×全高 NA
ホイールベース 1436mm
最低地上高 NA
シート高 840mm
車両重量 200kg
エンジン形式 水冷4ストDOHC4バルブL型2気筒
総排気量 955cc
ボア×ストローク 100×60.8mm
圧縮比 12.5
最高出力 114kW(155PS)/10750rpm
最大トルク 104Nm(10.6kg-m)/9000rpm
燃料タンク容量 17L
変速機形式 6速リターン
キャスター角 24°
トレール量 94mm
タイヤサイズ 120/70ZR17・180/60ZR17
ブレーキ形式(前・後) Φ320mmダブルディスク・Φ245mmディスク
希望小売価格 225万円〜(消費税10%込)

[『ゴーグル』5月号はドゥカティ大特集 - webオートバイ]