ドゥカティがパニガーレV2シリーズの記念モデルを発表した。日本でも2021年末頃発売される予定だ。

ドゥカティ「パニガーレV2 ベイリス1stチャンピオンシップ20周年記念モデル」の特徴

ドゥカティ最高峰のスーパースポーツである「パニガーレ」シリーズは、スーパーバイクレースでも活躍する最新技術を結集した「パニガーレV4」と並んで、長い伝統と多くの栄光に彩られたV2エンジンを搭載する「パニガーレV2」もラインナップされている。

そして7月22日、「パニガーレV2」をベースにした新たなスペシャルモデルとして、「パニガーレV2 ベイリス1stチャンピオンシップ20周年記念モデル」が発表された。

このスペシャルな「パニガーレV2」は、2000年代初頭のWSBK・スーパーバイク世界選手権においてドゥカティ製マシンで通算52勝を挙げ、チャンピオンを2001年、2006年、2008年の3度獲得して見せたオーストラリア人ライダー、トロイ・ベイリスが、初のWSBKタイトルを獲得して20周年を迎えたことを記念し、その偉業を称えるために製作されたもの。

車名はベイリス自身によって命名されたものだという。

ドゥカティ・レッドにホワイトとグリーンを組み合わせたカラーリングに、ベイリスを象徴するゼッケン・21とシェルのロゴマークを組みわせたグライフィックは、初タイトルを獲得した2001年シーズンに駆っていたマシンのドゥカティ996Rを想わせる仕上がり。

燃料タンクにはベイリスのサインが入り、削り出しアルミニウム製のステアリングヘッドには、モデル名とシリアルナンバーも刻印。

レッドのダブル・ステッチが施され「21」も入ったシート、カーボン/チタン製サイレンサーカバーなど、特別な1台にふさわしい仕上がりをみせる。

最高出力155psを発揮するパワフルな955ccスーパークアドロV2エンジン、パニガーレV4譲りの軽量で剛性の高いアルミモノコックフレーム、多彩な機能を統合した最新の電子制御デバイスなど、定評の高いスポーティな走りをもたらす基本的なメカニズムはスタンダードな「パニガーレV2」と共通。

しかしこの記念モデルでは、サーキット走行のパフォーマンスをさらに高めるためにサスペンションをグレードアップ、高精度で動作性に優れるオーリンズ製のNX30フロントフォークとTTX36リアショックアブソーバーを装着。さらにリチウムイオン・バッテリーの採用などによる軽量化、よりシャープで正確なハンドリングを実現した。

この「パニガーレV2 ベイリス1stチャンピオンシップ20周年記念モデル」、ヨーロッパなどでは2021年9月末に発売。日本での発売は12月が予定されている。税込価格は265万円。

ドゥカティ「パニガーレV2 ベイリス1stチャンピオンシップ20周年記念モデル」の主なスペック

全長×全幅×全高 NA×NA×NAmm
ホイールベース 1438mm
シート高 835mm
車両重量 197kg
エンジン形式 水冷4ストDOHC4バルブV型2気筒
総排気量 955cc
ボア×ストローク 100×60.8mm
圧縮比 12.5
最高出力 155PS/10750rpm
最大トルク 10.6kgf・m/9000rpm
燃料タンク容量 17L
変速機形式 6速リターン
キャスター角 24°
トレール 99mm
タイヤサイズ(前・後) 120/70ZR17・180/60ZR17
ブレーキ形式(前・後) φ320mmダブルディスク・φ245mmディスク

まとめ:小松信夫

[ドゥカティ「パニガーレ V2」を解説(2021年) - webオートバイ]