KTM自慢のロードスポーツ・DUKEシリーズの末弟がこの125 DUKE。本格的な構成の車体にパワフルなDOHCシングルを搭載、先進技術も惜しみなく投入されたストリートファイターだ。その実力をチェックする。
文:太田安治/写真:南 孝幸

KTM「125 DUKE」インプレ・解説(太田安治)

斬新なスタイリングと爽快な走りはクラス随一!

日本車にはないエッジの効いたスタイルを採用、アップライトなライディングポジションと取り回しの軽さで高いストリート適性とスポーティな走りを備え、幅広い層のライダーから支持されているモデルが125 DUKE。KTMのオーストリア本社で設計・開発し、インド工場で生産される世界戦略車だ。

シャープで先鋭的な造形の、お洒落なストリートモデルでもあるが、ミニサーキットでのラップタイムは同クラスの本格スポーツモデルと互角以上。スポーツ性能を重視するKTMらしさはしっかり受け継がれている。

日本の小型二輪免許に相当するヨーロッパのA1免許では最高出力が15PS以下に規制されている関係で、スペック表記はライバルとほぼ横並び。だが、同じ15PSでも、絞り出した15PSと抑え込んだ15PSでは動力性能に大きな差がある。これはパワーの出方、落ち方である程度判断できるが、このDUKEは明らかに「抑えた15PS」の方だ。

ライバルに比べ低回転域でのトルクは薄めだが、中回転域からエンジンが活気付き始め、高回転域までフリクションを感じさせずにシャープに回る。吸排気のセッティングや回転リミッターでピークパワーを抑えている印象だが、潜在的なポテンシャルは20馬力近いのではないか、という感触。6速ミッションのレシオ設定も絶妙で、ムダなくパワーを使いながら、軽やかに速度を伸ばしていく。

サスペンションを含めた車体の剛性はこのクラスでもトップレベルで、ライダーのアクションに素早く反応し、寝かし込みや切り返しの鋭さはストリートモデル離れしたもの。前後サス設定はややハードだが、荒れた路面で車体が弾かれても幅広のハンドルで抑え込め、タイヤのグリップ感も掴みやすい。

ハイグリップタイヤに交換してサーキットで走らせたこともあるが、車体関係には何ら不満は感じない。バイブレ製のブレーキも125ccモデルとは思えないほどハイレベルで、ハードな走りにも応えてくれる。

軽量コンパクトな車体が生み出す抜群の扱いやすさ、爽快な動力性能と小気味いい運動性能が125 DUKEの魅力だが、「ロード」と「スーパーモト」モードを備えた2モードABSや、大型のカラーTFTを採用し、スマホとのリンク機能まで備えた先進的なメーターなど、充実した装備も所有感を大いに満たしてくれる。125ccだからといって手抜きは一切ない。

[国内外の原付二種を徹底解説!『オートバイ125cc購入ガイド2021』好評発売中 - webオートバイ]

KTM「125 DUKE」カラーバリエーション

ブラック

シルバー

KTM「125 DUKE」ライディングポジション・足つき性

シート高:830mm
ライダーの身長・体重:176cm・62kg

上半身はアップライト、下半身はスーパースポーツのような独特のポジションで、オートバイを振り回す積極的な操作がやりやすい。見た目より良好な足着き性と軽い車重で、ビギナーや小柄なライダーでも安心して取り回せる。

KTM「125 DUKE」各部装備・ディテール解説

KTM「125 DUKE」主なスペック・価格

全長×全幅×全高 NA
ホイールベース 1357mm±15.5mm
最低地上高 175mm
シート高 830mm
車両重量 139kg(乾燥)
エンジン形式 水冷4ストDOHC4バルブ単気筒
総排気量 124.7cc
ボア×ストローク 58×47.2mm
圧縮比 12.8
最高出力 11kW(15PS)/10000rpm
最大トルク 12N・m(1.2kgf・m)/6700rpm
燃料タンク容量 13.4L
変速機形式 6速リターン
キャスター角 65゜
トレール量 95mm
タイヤサイズ(前・後) 110/70ZR17・150/60ZR17
ブレーキ形式(前・後) Φ300mmディスク・Φ230mmディスク
メーカー希望小売価格 53万9000円(消費税10%込)

[KTM「250DUKE」インプレ・解説 - webオートバイ]

[原付二種125ccバイクの人気ランキングTOP10|読者が選んだ2020年のベストモデルを発表! - webオートバイ]

[最新の原付二種情報はこの本で!『オートバイ125cc購入ガイド2021』好評発売中 - webオートバイ]