2017年に復活したスクーターの老舗ブランド「ランブレッタ」。その主力モデル「V125 スペシャル」は、レトロなスタイルと最新の装備を持つ自信作だ。インプレと各部の解説を徹底的にお伝えする。
文:太田安治/写真:森 浩輔、南 孝幸/モデル:木川田ステラ

ランブレッタ「V125 SPECIAL FIX/FLEX」インプレ・解説(太田安治)

美しいスタイリングと剛性感ある走りが魅力

1970年代にイタリアを代表するスクーターとしてベスパと共に一世を風靡した名門ブランド・ランブレッタ。2017年のミラノショーで電撃復活して以来、現在は50cc、125cc、200ccの3タイプをラインアップ、それぞれ固定フェンダー仕様と可動フェンダー仕様がある。今回の試乗車は125cc可動フェンダーの「FLEX」だ。

まずこのランブレッタ、オーストリアのKISKA(キスカ)デザイン社が手がけたという美しいフォルムが目を惹く。長いボディ後部や角形ヘッドライトは往年のランブレッタを想わせ、新しさとレトロ感を巧みに融合させている。

エンジンは約10馬力の4ストローク単気筒ということもあって、走行性能は穏やかなものかと予想していたが、実際に走り出してみるとなかなかスポーティ。約4000回転という高めの回転で遠心クラッチが繋がり始めるのでスタートダッシュに不満はないし、全開加速では最大トルクを発生する7000回転台を使って力強く速度を乗せていく。

車重が134kgとこのクラスでは重めなので、キビキビ走る、とまでは言わないが、市街地で交通の流れに乗るには充分な動力性能。原付二種の法定速度、60km/hも余裕でクリア、タンデムでも非力さは感じない。

試乗してみて印象的だったのがダイレクト感のあるハンドリング。通常のスクーターはメインフレームが足の下を通っているレイアウトで、乗り降りしやすい反面、剛性を得にくく、フレームが捻れてフロントとリアがバラバラに動くネガ要素もある。

一方、このランブレッタはプレス成形のスチール鋼板とパイプフレームを組み合わせたモノコック構造で、高い捻れ剛性と曲げ剛性を確保。ブレーキを握ったまま寝かし込んでも不安な挙動は出ず、意地悪くクイックに切り返してみても捻れによる揺り戻しが来ない。

前後12インチの小径ホイールゆえ、大きめの段差ではさすがにバタ付くものの、すぐに収束するので不安はない。想像しにくいかもしれないが、乗り味はスクーターというより、まるでロードスポーツのようなフィーリング。ヨーロッパには石畳の道も多いが、この操縦性なら安心して走れるはずだ。なお、125は前後連動ブレーキを採用してストッピングパワーも充分。ドライ路面ではABSの必要性も感じなかった。

優美なスタイリングと高い所有感、スポーティなハンドリング、充実装備と、注目ポイントはいっぱい。ランブレッタには他車にはない個性が光っている。

[国内外の原付二種を徹底紹介!『オートバイ125cc購入ガイド2021』好評発売中 - webオートバイ]

ランブレッタ「V125 SPECIAL FIX/FLEX」カラーバリエーション

オレンジ(シート:ブラック)

マットグレー(シート:ダークブラウン)

レッド(シート:ブラック)

ブルー(シート:ダークブラウン)

ホワイト(シート:レッド)

ブラック(シート:ダークブラウン)

ブラウン(シート:ブラック)

ホワイト+レッド(シート:ブラック)

ホワイト+ブルー(シート:ブラック)

ランブレッタ「V125 SPECIAL FIX/FLEX」ライディングポジション・足つき性

シート高:770mm
ライダーの身長・体重:163cm・42kg

フラットなシートで着座位置の自由度が大きく、窮屈さはまったく感じない。770mm というシー
ト高はヨーロッパブランドのスクーターとしては低め。

身長160cm程度のライダーでもこのように両足が接地する。

ランブレッタ「V125 SPECIAL FIX/FLEX」タンデム(2人乗り)チェック

剛性感ある車体と引き締まったセッティングの足回りの相性も良く、走りは想像以上にスポーティ。パワーも充分で、タンデムも余裕でこなせる。

ランブレッタ「V125 SPECIAL FIX/FLEX」各部装備・ディテール解説

ランブレッタ「V125 SPECIAL FIX/FLEX」主なスペック・価格

全長×全幅×全高 1890×735×1115mm
ホイールベース 1340mm
最低地上高 NA
シート高 770mm
車両重量 134kg
エンジン形式 空冷4ストOHC2バルブ単気筒
総排気量 124.7cc
ボア×ストローク 52.4×57.8mm
圧縮比 10.7
最高出力 7.5kW(10.2PS)/8500rpm
最大トルク 9.2N・m(0.94kgf・m)/7000rpm
燃料タンク容量 6L±0.2L
変速機形式 Vベルト無段変速
キャスター角 NA
トレール量 NA
タイヤサイズ(前・後) 110/70-12・120/70-12
ブレーキ形式(前・後) Φ226mmディスク・Φ226mmディスク
メーカー希望小売価格 41万円/46万円(バイカラー)(消費税10%込)

文:太田安治/写真:森 浩輔、南 孝幸/モデル:木川田ステラ

[国内外の原付二種を徹底網羅!『オートバイ125cc購入ガイド2021』好評発売中! - webオートバイ]

[ランブレッタ「V200スペシャル」インプレ・解説- webオートバイ]

[ランブレッタはオプションパーツもおしゃれ! ミラノで発表されたアイテムをチェック、さらにV-Specialシリーズに新色も登場 - webオートバイ]