ホンダは、2021年3月25日に新型CB1000Rを全国のホンダドリームで発売します。

ホンダ新型「CB1000R」概要・従来モデルからの変更点

ホンダCB1000Rは「ネオ・スポーツ・カフェ」のコンセプトのもと、2018年4月に登場した新世代CBのトップモデル。2019年にETC2.0車載器が標準されましたが、モデルチェンジといえるのは、今回の2021年モデルが初めてとなります。

新型CB1000Rの発売日・価格

発売予定日:2021年3月25日(木)
メーカー希望小売価格:税込167万900円

今回のモデルチェンジでは、ヘッドライト、ラジエーターシュラウド、エアクリーナーカバーのデザインを一新。凝縮感のある台形プロポーションを強調するのと同時に流麗なイメージを追求しています。また、シートレールやリアフェンダーはスリムな形状となり、ホイールのデザイン変更も施されました。

もっとも大きな変更点は、Honda Smartphone Voice Control system(HSVCS)の採用でしょう。これは、車両とスマートフォンを専用アプリを使ってBluetooth接続できるというもの。

ハンドルスイッチや音声入力により音楽再生や通話などの操作が可能となります(Android端末専用のため、iOS端末は非対応)。

ホンダ新型「CB1000R」カラーバリエーション

カラーはブラック、レッド、シルバーの3色展開。これまで同様、受注生産車の扱いで全国のホンダドリームで販売されます。

●マットバリスティックブラックメタリック

●キャンディークロモスフィアレッド

●マットベータシルバーメタリック

ホンダ新型「CB1000R」主なスペック・価格

全長×全幅×全高 2120×790×1090mm
ホイールベース 1455mm
最低地上高 135mm
シート高 830mm
車両重量 213kg
エンジン形式 水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒
総排気量 998cc
ボア×ストローク 75.0×56.5mm
圧縮比 11.6
最高出力 107kW(145PS)/10500rpm
最大トルク 104N・m(10.6kgf・m)/8250rpm
燃料タンク容量 16L
変速機形式 6速リターン
キャスター角 25゜
トレール量 100mm
タイヤサイズ(前・後) 120/70ZR17M/C(58W)・190/55ZR17M/C(75W)
ブレーキ形式(前・後) ダブルディスク・シングルディスク
メーカー希望小売価格 167万900円(消費税10%込)

まとめ:西野鉄兵

[新型「CB1000R」欧州仕様車の情報 - webオートバイ]

[「CB1000R」インプレ・解説(2020年) - webオートバイ]

[「CB1000R」インプレ・解説(2019年) - webオートバイ]

[「CB1000R」960kmツーリングインプレ - webオートバイ]

[「CB1000R」カスタムモデル紹介 - webオートバイ]

[「CB1000R」カスタムモデル紹介 - webオートバイ]