スズキ『GSX-S1000F』ってどんなバイク? 気になる燃費や足つき性を実際に触れてみてレポートします。 その他にもスペックや装備など基本情報を詳しくお届け!

スズキの大型バイク『GSX-S1000F(2020)』を解説します!

SUZUKI GSX-S1000F ABS(2020)

スーパースポーツ譲りのエンジンとフレームと持つ、ネイキッドのGSX-S1000にスポーティなフェアリング(カウル)を装着させたのがGSX-S1000F。

GSX-R1000直系のエンジンは最高出力148馬力を叩き出し、高い人気を得ているバイクです。

そのパワーに負けないレベルで強固なシャシーが与えられていることも、GSX-S1000Fのおすすめのポイント。

また、純粋なツーリングバイクほどではありませんが、フルカウルの装着によって高速道路クルージングも比較的、快適に走れることが特徴のひとつです。

重量的には大型のカウルが装着された分、兄弟車GSX-S1000よりも5kg重くなっていますが、有り余るパワーがあるので、その重量増により『遅い』と感じることはまずありえません。

GSX-S1000Fはカウル装着による重量増・重量バランスの変化に対応するためサスペンションのセッティングが最適化されています。

ABS、トラクションコントロール標準装備。

スズキ「GSX-S1000F ABS」主なスペックと価格

全長×全幅×全高 2115×795×1180mm
ホイールベース 1460mm
最低地上高 140mm
シート高 810mm
車両重量 214kg
エンジン形式 水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒
総排気量 998cc
ボア×ストローク 73.4×59.0mm
圧縮比 12.2
最高出力 109kW(148PS)/10000rpm
最大トルク 107N・m(10.9kgf・m)/9500rpm
燃料タンク容量 17L
変速機形式 6速リターン
キャスター角 25.00゜
トレール量 100mm
タイヤサイズ(前・後) 120/70 ZR17M/C 58W・190/50 ZR17M/C 73W
ブレーキ形式(前・後) ダブルディスク・シングルディスク
メーカー希望小売価格 120万7800円(消費税10%込)

GSX-S1000F(2020モデル)のカラーバリエーションは3色

GSX-S1000Fで走ってみた感想は?

[峠のスーパースポーツ・キラー!スズキ『GSX-S1000F』なら格上バイクに下剋上だって夢じゃない!? - スズキのバイク!]

[有名『峠』十番勝負!《碓氷旧道〜浅間編》 連続10峠をGSX-S1000Fで駆け抜けろ! - スズキのバイク!]

GSX-S1000Fの足つき性とライディングポジションは?

ハンドルバー自体はネイキッドのGSX-S1000と同じなので、基本的な乗車姿勢は同じ。

わずかに上半身が前傾するようなスポーティ感のあるポジションです。

ステップ位置はすこし高めで『ツーリングバイク』というより『スポーツバイク』と言われたほうが納得できる位置にあります。

アップハンドルながら、基本は走りを楽しむことを重視したライディングポジションにまとめられています。

足つき性は150馬力級のスポーツバイクとして考えると、かなり良好です。

シート高は810mmでライダー身長176cmの場合は両足カカトまでべったりと接地。重量も4気筒エンジンを搭載しながら214kgと軽量なので、跨ったままのバックも問題なく行えます。

軽量な車体なのでエンジンOFF時の取り回しが軽いのも印象的でした。

スズキGSX-S1000Fで実際に走ってみた燃費は?

GSX-S1000Fの燃料タンク容量は17Lの容量を確保。

使用燃料はハイオクガソリンです。

高速道路403.3kmを走った場合の合計ガソリン給油量は21.93L。

満タン法で計測した燃費はガソリン1リットルあたり18.39kmでした。

また、一般道をツーリングペースで113.7kmを走った場合のガソリン給油量は5.47L。

満タン法で計測した燃費はガソリン1リットルあたり20.78kmでした。

安心感を持ってツーリングするなら200〜250kmくらいの距離毎に給油するのがひとつの目安となります。

走り方によっては航続距離300kmも可能だと思われます。

GSX-S1000の装備/ディテールを解説!

ブレーキキャリパーはブレンボ製の対向4ポットモノブロックキャリパーを装着。ディスクローター径はΦ310mmとなっています。

インナーチューブ径43Φの倒立フロントフォークの剛性感もあり、ダイレクト感のあるブレーキタッチです。さすがの高級キャリパーだけあって、ブレーキリリースも気持ちよく『スッ』と離れてくれる操作感が気持ちいい!

初期制動から確かな制動力を発揮しつつ、扱いやすさも失っていない上質なブレーキングが楽しめます。

スーパースポーツGSX-R1000(K5/K6型)の4気筒エンジンをベースにストリート向けにチューニング。

発売当初は最高出力145馬力だったが、2017年のマイナーチェンジを受け最高出力が148馬力にまで引き上げられています。

サウンドチューニングを施されたマフラーからのサウンドは、ノーマルとは思えないほどの迫力。

サウンド目的でのマフラー交換の必要性は感じません。

はじめての場合、メーカーのマフラーもここまで来たか!?と驚くことになります。

倒立フロントフォークはKYB製。

フルアジャスタブルで、サスペンションの特性を自分好みに変更することも可能です。

初期設定ではネイキッドのGSX-S1000よりも、Fのほうがしっとりした動きに感じます。

リアサスペンションはかなりソリッドな味付け。

路面状況が整っていれば、初期設定のセッティングのままかなり強気な走りでも受け止めてくれます。

トラクションコントロールが標準装備されているのは本当に嬉しい限り。

ウインドスクリーンは上半身胴体部分に当たる走行風をカットしてくれるので、高速道路のクルージングでは疲労を軽減してくれます。

ただし、GSX-S1000Fは素性がツーリングバイクではなく、純粋なスポーツバイクの立ち位置のため、高速道路クルージングの快適性に主眼を置くならば純正オプションのロングスクリーン(2万6400円)に交換するのがおすすめです。

ハンドルバーにはレンサル製のファットバーを採用。剛性感と共に見た目の高級感もアップしています。

シートは肉厚が薄めで、コーナーで後輪のトラクションを感じやすいスポーティなタイプ。

長時間乗車ではお尻が痛くなりそうに思えるけれど、スズキのシートは完成度が高いものが多く、GSX-S1000Fのシートも見た目に反して、長時間乗車でも快適性が高いのが特徴です。

剛性の高いアルミスイングアームはスーパースポーツGSX-R1000と共通。

このスイングアームとフレームの強固さが、GSX-S1000Fの走りを支えるすべての土台となっています。

最近のスズキのバイクラインアップの中では珍しい左右2眼のヘッドライトが採用されています。

ヘッドライトバルブはハロゲンです。

GSX-S1000Fで走ってみた感想はこちら!

[本物の速さが欲しい! でもキツいのは嫌だ……という人にスズキ『GSX-S1000F』以上のおすすめ国産大型バイクはあるか? - スズキのバイク!]

[《毛無峠〜渋峠編》 連続10峠をスズキ『GSX-S1000F』で駆け抜ける! - スズキのバイク!]

[【カンタン5分】車載工具だけでスズキ『GSX-S1000F』が快適バイクに変身した!? - スズキのバイク!]

スズキファンのためのWEBサイト!

[スズキのバイク!- TOPへ戻る]

【こちらも人気】

[お洒落バイクっぽいけどスズキの『SV650X』は、峠で後ろにつかれたくないバイクでもあったりする! - スズキのバイク!]

[ライダー目線の走行動画が『大型バイクを上手に走らせる』勉強として役立つのでおすすめ! - スズキのバイク!]

[高性能だけどスズキの新型『カタナ』の本質はそこじゃない? 燃費や航続距離も測ってみたけれど…… - スズキのバイク!]