2021年7月28日、ヤマハが新型車「トレーサー9 GT ABS」を販売開始した。記事後半では人気カラー投票を実施中!

ヤマハ「トレーサー9 GT ABS」の特徴

電子制御サスペンション、コーナーリングライトも搭載

スポーティで実用性に優れたヤマハの大型スポーツツアラーの新型車「トレーサー9 GT ABS」が、2021年7月28日に発売された。

「トレーサー9 GT ABS」は、従来モデルでネイキッドスポーツのMT-09から派生した[トレーサー900]から発展、2021年モデルでフルモデルチェンジして誕生。2021年モデルでエンジン、フレームを大きく改良してフルモデルチェンジした[新型MT-09]がベースとなった。

水冷並列3気筒エンジンは、排気量を888ccに拡大したのをはじめ、主要パーツを新設計とするなど大改良を受けて最高出力120PSにまでパワーアップ。さらにクラッチレバーの操作荷重を低減、スポーツツアラーとして使い勝手良く進化。

新開発のIMUを中心に、エンジン出力を制御するECUと連携してバンクの深さも反映するTCS、旋回を助けるSCS、前輪のリフトを抑えるLIF機能を搭載。これらが相互に連動して快適で軽快なライディングをサポートし、介入レベルの調整やON・OFF設定も可能。さらにIMUはコーナーリングランプや電子制御サスペンションの制御にも使われている。

新型MT-09にも採用された軽量なアルミ製フレームは、ツアラーである「トレーサー9 GT ABS」用に剛性バランスを見直された。シートレールは専用設計され、高速時の安定性やタンデム時の居住性、積載性を改善。

ヤマハ独自の「スピンフォージドホイール」技術を活かし、従来モデルより前後で1000g軽量化を達成、機敏な運動性能をもたらす軽量なホイールも新型MT-09譲り。標準装着されるタイヤは、ブリヂストンとの共同開発でドライ性能はもちろん、ウエット性能、耐摩耗性、高速時の直進安定性に優れた専用チューンのバトラックス・スポーツツーリングT32だ。

スポーツ性と乗り心地を両立するため、KYBと共同開発した電子制御サスペンション「KADS(KYB Actimatic Damper System)」を採用。IMUとECU、ブレーキ油圧を制御するHU(Hydraulic unit)のデータをベースに、「SCU(サスペンションコントロールユニット)」が、減衰レベルを最適化する。

減衰力調整はソレノイド駆動を用い、素早く、同時に大きく減衰力を調整でき、優れた接地感やスポーツ走行時の高い路面追従性を実現。ドライのスポーティな走りを主体にウエットにも対応できるモード、長距離走行時などでの快適な乗り心地を狙ったモードが用意される。

新型MT-09の凝縮感のある車体をベースに、快適な旅のための機能を最優先したスタイリングを組み合わせる。10段階調整式の大型スクリーンなど最適なウインドプロテクションを実現するフォルムは、目的地へ向かう推進力も表現。広い視界や大きなハンドル切れ角も備えている。シート高は従来モデルから40mmダウンして扱いやすさを向上。ステップ、ハンドル、シートはそれぞれ2ポジションを選択でき、ライダーの好みや体格に合わせたセッティングができる。

車体が7度以上バンクすると点灯、夜間走行で安心感を高めるコーナーリングランプをはじめ、純正サイドケース装着時の振動を減衰させるダンパー内蔵ステー、3.5インチサイズのメーターを左右に2つ並べ、多彩な機能と良好な視認性を確保した3.5インチ・ダブルTFTメーター、10段階調整式のグリップウォーマー、クルーズコントロールなど、機能的な装備も満載されている。

ヤマハ「トレーサー9 GT ABS」のカラーバリエーション・価格

ボディカラーはブルーイッシュホワイトメタリック2(シルバー)、ビビッドレッドソリッドK(レッド)、マットダークグレーメタリックA(マットグリーニッシュグレー)の3色を設定。税込価格は145万2000円となっている。

ヤマハ「トレーサー9 GT ABS」の主なスペック

全長×全幅×全高 2175×885×1430mm
ホイールベース 1500mm
シート高 810/825mm
車両重量 220kg
エンジン形式 水冷4ストDOHC4バルブ並列3気筒
総排気量 888cc
ボア×ストローク 78×62mm
圧縮比 11.5
最高出力 120PS/10000rpm
最大トルク 9.5kgf・m/7000rpm
燃料タンク容量 18L
変速機形式 6速リターン
キャスター角 25°
トレール 108mm
タイヤサイズ(前・後) 120/70ZR17・180/55ZR17
ブレーキ形式(前・後) ダブルディスク・ディスク

まとめ:小松信夫

[ヤマハ「トレーサー900 GT」ツーリング・インプレ(2021年) - webオートバイ]

[ヤマハ「MT-09」「MT-09 SP」がフルモデルチェンジ - webオートバイ]

[欧州では「トレーサー7 GT」も登場 - webオートバイ]