2021年5月20日、ヤマハが原付二種スクーターの新型「NMAX ABS」の国内仕様車を発表した。大きなモデルチェンジを遂げた2021年型は従来モデル以上にコミューターとしての魅力を増している。

ヤマハ新型「NMAX ABS」の特徴

全面的な進化+ヤマハ初の新機構も数々採用したモデルチェンジ

コンパクトなボディに「MAXシリーズ」のDNAを受け継ぐスポーティなスタイルと走りを盛り込んだ、ヤマハの125ccスクーター「NMAX ABS」が2021年モデルで大きくモデルチェンジ。6月28日から発売がスタートすることが発表された。

この新しい「NMAX ABS」でヤマハが強くアピールしているのは、ヤマハの国内モデルとして初めてとなる、スマートフォン用専用アプリ「YAMAHA Motorcycle Connect(Y-Connect)」との連携機能を搭載したこと。

スマホにこの「Y-Connect」をインストールしてNMAXとペアリングしておけば、電話やメールの着信、スマートフォンの電池残量などを、NMAXのメーター上で確認することが可能。逆にスマホ側の画面にNMAXのエンジン回転数表示をさせることもできる。また、燃費など運転状況のチェック、オイルとバッテリーのメンテナンス推奨時期の通知、駐車位置確認などの多彩な機能で、利便性をアップ。アプリのアップデートによる機能の拡張も期待できる。

もちろん「NMAX ABS」自体のメカニズムも大きな進化を遂げている。4バルブヘッドに可変バルブリフト機構・VVAを組み込むなど、高効率とパワーを両立させていた125cc水冷単気筒の「BLUE CORE」エンジンは、吸気・排気系の見直しやFIセッティング変更によって平成32年排出ガス規制をクリア。

同時にこれまでよりもリニアで扱いやすいパワー特性も得たのに加え、ウエット路面など滑りやすい状況で安定した走りを可能にする、トラクションコントロールシステムも新たに採用。状況や好みに応じて機能をオフにもできる。

信号待ちなどで停車すると自動的にアイドリングを停止して燃料消費を抑え、発進時にはスロットル操作のみで再始動するアイドリングストップシステムも採用。こちらも機能をオフにすることが可能だ。

さらに、エンジン始動用モーターとジェネレーターを一体化、走行中はジェネレータとして、エンジン始動時はモーターとして使う「Smart Motor Generator」をヤマハの国内モデルとして初めて採用。始動時にはスタータークラッチを介さずに直接クランクを回すので、エンジン始動時の「キュルキュル」音がせず静粛性も向上した。

加えて車体にも、スポーティなスクーターとしての完成度を高める大きな改良が施されている。フレームは60.5mm径のメインパイプと45mm径のダウンチューブ、そして補強材を組み合わせた新たな設計のものとなり、適度に手ごたえのあるハンドリングと接地感を実現。また、エンジンの搭載方法も細心の注意を払って見直され、振動の低減を図って快適性を向上。

合わせて前後サスペンションも再セッティング。特にリアは実走テストを繰り返し、スプリングと減衰力のバランスを調整したという。前後独立のABSにはφ230mmの大径ディスクを組み合わせ、制動力とコントロール性を両立。また、前後13インチのホイールも新デザインの軽量キャストホイールが採用された。

スタイリングは精悍なLEDヘッドライトや、MAXシリーズらしいブーメランイメージのサイドパネルによって、従来モデル譲りの上質なスポーティさを継承しながら、「Prestige Confidence」をコンセプトにした新デザインとなっている。初めてスクーターに乗るライダーでも一目でわかる快適性・信頼性や、ビジネスクラスに乗るような優越感と、ライダーを包み込むような安心感のあるシルエットを表現。

もちろん、シートやポジション設定の快適さ、シート下スペースの余裕のある収納力、スマートキー、12VのDCポートも備えるフロントトランクなどの装備によって機能性も高いレベルをキープ。エンジンも車体も進化したメカニズムと合わせて、新型「NMAX ABS」はストリートでの快適性を追求した125ccシティコミューターとしての完成度が大きく高まっているといえそうだ。

ヤマハ新型「NMAX ABS」のカラーバリエーション

ボディカラーはシルバー、グレー、マットダークグレー、マットブルーの4色をラインナップ。メーカー希望小売価格は税込36万8500円となっている。

ヤマハ新型「NMAX ABS」の主なスペックと価格

全長×全幅×全高 1935×740×1160mm
ホイールベース 1340mm
最低地上高 135mm
シート高 765mm
車両重量 131kg
エンジン形式 水冷4ストSOHC4バルブ単気筒
総排気量 124cc
ボア×ストローク 52.0×58.7mm
圧縮比 11.2
最高出力 9.0kW(12PS)/8000rpm
最大トルク 11N・m(1.1kgf・m)/6000rpm
燃料タンク容量 7.1L
変速機形式 Vベルト無段変速
キャスター角 26゜30′
トレール量 100mm
タイヤサイズ(前・後) 110/70-13M/C 48P・130/70-13M/C 63P
ブレーキ形式(前・後) φ230mmシングルディスク・ φ230mmシングルディスク
メーカー希望小売価格 36万8500円(消費税10%込)

まとめ:小松信夫

[ヤマハ新型「NMAX」の狙いはPCXとは別の路線? フルモデルチェンジで期待できること - webオートバイ]

[【インプレ】ヤマハ「NMAX ABS」(2020年) - webオートバイ]

[「スター・ウォーズ」の世界観をヤマハNMAXにミックスした限定モデルがブラジルで登場 - webオートバイ]

[ヤマハ「NMAX155」通勤インプレ(2021年)- webオートバイ]