ロイヤルエンフィールド「コンチネンタルGT 650」インプレ(太田安治)

飽きのこない魅力と価格設定に惹かれる

イギリス車がスポーツモデル界の主役だったのは1950〜60年代。トライアンフ、BSA、ノートンが有名だが、ロイヤルエンフィールドは世界最古の名門ブランド。このコンチネンタルGTは最新技術を駆使した新世代モデルながら、60年代に大流行したカフェレーサースタイルを特徴とする一台だ。

タンクからシート後端までの水平基調ライン、ポリッシュされたアルミパーツとクロームメッキ仕上げパーツで往時の雰囲気を漂わせているが、乗り味は現代的。エンジンは2500回転で最大トルクの80%を発揮する低中回転型で、ゼロ発進が力強く、エンジン回転数を気にせずポンポンとシフトアップしてもスムーズに速度が乗っていく。

2気筒らしい鼓動感が濃いのは3000回転台、速度にして50〜80km/hあたり。高速道路クルージングの6速・100km/h時は4000回転で、一次振動を打ち消すバランサーの効果で振動の質はマイルドであり、長時間走行で手足がしびれることもない。

感心したのはスロットル開け始めのピックアップとエンジンブレーキの効きがごく自然で、オートバイのキャラクターと完璧にマッチしていること。このインジェクションセッティングはライバル車よりも際立っていて、270度クランクの不等間隔爆発と併せ、流すようなペースが実に心地いい。

スチールダブルクレードルフレームはかつてレース界を席巻したフレームビルダー「ハリス」の設計だが、前後サス、ピレリ製標準装着タイヤと共に公道の速度レンジに合わせた特性。スーパースポーツのようにフロントのグリップを活かして旋回するのではなく、スロットルを開けるとリアタイヤを軸にしてタタタッ! とトラクションを感じさせながら素直に向きを変えていく。ステップレシオが揃った6速ミッションを使って4000回転近辺を保ち、スローインファーストアウトで峠道を駆け抜ける楽しさは他車にない魅力だ。

僕がオーナーならセパレートハンドルの取り付け幅を左右とも20mm程度詰め、フロントフォークの初期作動をスムーズにする方向でセッティング変更し、少しだけスポーツ性を上げて楽しみたい。外装パーツのカスタムや磨いて眺めることも至福の時間となるはず。古きよき時代の雰囲気と最新モデルらしい完成度を併せ持つオートバイが80万円前後というのは間違いなくお買い得だ。

ロイヤルエンフィールド「コンチネンタルGT 650」タンデム(2人乗り)チェック

パッセンジャー・木川田ステラの感想

タンデムは想像以上に快適で楽しかったです!

振動を軽減してくれる肉厚なシートは、幅も広く座り心地はとても良好。ステップの位置もちょうどよく、ペースを上げたときしっかり踏ん張れるのははもちろん、座る位置を前後にズラせば、グラブバーに手を伸ばしやすい姿勢にする事も、ライダーにしっかりつかまることもできます。

どのシーンでもしっかり足に力を入れられて姿勢を変えやすく、安定感を得やすいのもポイントです。

ロイヤルエンフィールド「コンチネンタルGT 650」足つき性・ライディングポジション

シート高:793mm
ライダーの身長・体重:176cm・62kg

セパレートハンドルを採用しているが、グリップ位置が体に近いので上体の前掲度は弱で、市街地走行も高速クルージングも快適。790mmのシート高で足着き性は標準的。タンデムライディングでも窮屈さはまったくない。

ロイヤルエンフィールド「コンチネンタルGT 650」各部装備・ディテール解説

1965年に登場したカフェレーサー、コンチネンタルGT250を源流とするだけあって、スタイリングはカフェレーサーの王道ともいえる優雅なフォルム。ボディカラーは5色が設定され、価格は車体色によって異なる。今回試乗したブラックは税込79万5000円。

ロイヤルエンフィールド「コンチネンタルGT 650」主なスペック・価格

全長×全幅×全高 2122×744×1024mm
シート高 793mm
車両重量 198kg
エンジン形式 空冷4ストSOHC4バルブ並列2気筒
総排気量 648cc
ボア×ストローク 83.0×60.0mm
圧縮比 10.8
最高出力 47bhp/7150rpm
最大トルク 52N・m/5250rpm
燃料タンク容量 12.5L
変速機形式 6速リターン
タイヤサイズ(前・後) 100/90-18・130/70-18
ブレーキ形式(前・後) Φ320mmシングルディスク・Φ240mmシングルディスク
メーカー希望小売価格 79万5000円〜83万9000円(消費税10%込)

文:太田安治、木川田ステラ、オートバイ編集部/写真:南 孝幸

[伝統のブランド「ロイヤルエンフィールド」とは? - webオートバイ]

[ロイヤルエンフィールド「INT650」インプレ(2019年) - webオートバイ]

[ロイヤルエンフィールド「ヒマラヤ(ヒマラヤン)」インプレ(2018年) - webオートバイ]