KTMから待望の250アドベンチャーが発売された。本格的な造りと動力性能、車検がない250クラスならではの魅力に加え、価格も70万円を切るリーズナブルな設定で、非常に注目されているニューモデルだ。

KTM「250アドベンチャー」インプレ(太田安治)

気軽に快適な走りを楽しめるアドベンチャー

ここ数年で急速に存在感を増してきた軽量級アドベンチャー。新登場のKTM250アドベンチャーは先に登場した390アドベンチャーの兄弟車で、スチール製トレリスフレームに長いホイールトラベル量を誇る前後サスペンション、フロント19、リア17インチのホイールといった車体構成はほぼ共通。

またがると250ccモデルらしからぬ堂々とした車格で、ゆったりしたポジション、座面幅が広くて尻の落ち着きがいいシート、ストロークの長いサスペンションで、大型アドベンチャー車と何ら変わらない雰囲気だ。

250デューク、RC250の流れを汲むエンジンは、パワーと耐久性に定評のある水冷DOHC4バルブ単気筒。1速のギア比がややロング(高め)な設定で、乗り始めはゼロ発進時にエンジン回転とクラッチ操作に気を使うが、動き出してしまえばスロットル開度に忠実に反応して力強く加速する。

パワーが盛り上がってくるのは6000回転からで、そこから10000回転近辺までのレスポンスは実に爽快。390アドベンチャーのような路面を蹴るような豪快なフィーリングとは異なり、2気筒エンジンか? と思うほどスムーズにスピードが乗っていく。高速道路の6速・100km/h時は6000回転で、胸から下の走行風を遮ってくれるウインドスクリーンと併せて長時間クルージングも快適そのもの。ただ、7000回転を越えるとシートやステップに振動が出始めるから、快適な速度域は60〜110km/hあたりになる。

操縦性は車格から想像するより軽快で、重心位置の高さ、サスペンションストロークの長さに起因するユラユラした挙動も出ない。バイブレ製のブレーキの効きもハンドリング特性に合っていて、混雑した市街地でも乗りやすい。

ダートに入った際にオフロードABSも試したが、後輪のABSがオフになるのでリアブレーキを使って向き変えのきっかけを作ることが容易になる。急制動の妨げにもならなかった。

市街地から峠道、さらにはダートまで気軽に乗れるキャラクターに加え、14.5Lタンクによる約400kmの航続距離、上級モデルと同じく多彩な表示と機能を備えたメーターなどの装備も250アドベンチャーの魅力。税込67万9000円という魅力的な価格も日本メーカーにとって大きな脅威になることだろう。

[KTM「390 アドベンチャー」のインプレはこちら - webオートバイ]

KTM「250アドベンチャー」足つき性・ライディングポジション

シート高:855mm
ライダーの身長・体重:176cm・62kg

855mmのシート高+座面幅の広さで足着き性は大型アドベンチャーなみ。身長170cm以下だと両足接地は難しいが、車体が軽いので片足でも踏ん張れる。ゆったりしたポジションで長時間ライディングは文句なしに快適だ。

KTM「250アドベンチャー」各部装備・ディテール解説

スタイリングの基本は兄貴分の390アドベンチャーと共通。アイコニックなフロントマスクと大きなシュラウドはKTMのアドベンチャーモデルに共通のデザインで、他メーカーにはない独自の個性を確立している。ボディカラーはブラックとオレンジの2色を設定。

KTM「250アドベンチャー」主なスペック・価格

ホイールベース 1430mm
最低地上高 200mm
シート高 855mm
乾燥重量 156kg
エンジン形式 水冷4ストDOHC4バルブ単気筒
総排気量 248.8cc
ボア×ストローク 72.0×61.1mm
圧縮比 12.5
最高出力 30PS/9000rpm
最大トルク 2.45kgf・m/7250rpm
燃料タンク容量 14.5L
変速機形式 6速リターン
キャスター角 63.5゜
トレール量 98mm
タイヤサイズ(前・後) 100/90-19・130/80-17
ブレーキ形式(前・後) Φ320mmシングルディスク・Φ230mmシングルディスク
メーカー希望小売価格 67万9000円(消費税10%込)

文:太田安治、オートバイ編集部/写真:南 孝幸

[155cm女子ライダーの、少しは参考になるかも? インプレッション “KTM 250 ADVENTURE”【レディスバイク】 - webオートバイ]

[KTM「390 アドベンチャー」普通二輪免許で乗れる本格派ロングツーリングバイク!【試乗インプレ・車両解説】(2020年) - webオートバイ]