2021年7月28日、ヤマハが新型「MT-07 ABS」を発売した。記事後半では人気カラー投票を実施中!

ヤマハ新型「MT-07 ABS」の特徴

エンジンは平成32年排出ガス規制をクリア

軽快な走りと扱いやすさ、優れたコストパフォーマンスを兼ね備える、トータルバランスに優れた1台として高く評価されてきたヤマハのミドルネイキッド「MT-07 ABS」。

2021年型「MT-07 ABS」では、クロスプレーン・コンセプトに基づいて開発された688cc水冷並列2気筒エンジンを熟成。エキパイ一体の新型マフラー、ECUの変更やFIセッティング見直しによって、スロットルの開け始めの低速域でリニアなレスポンスを実現し、平成32年排出ガス規制にも適合。

そのほか、排気側バルブシートの耐摩耗性アップと、再加速時のダイレクト感を向上させるミッションのドグ角変更で、トルク特性を改善しより力強い加速を実現。さらに最新の音響解析技術を駆使し、特に低速・低開度での音色を作り込んでパルス感のあるサウンドに仕上げられている。

これまで以上に快適な、アップライトなライディングポジションを実現するために、燃料タンクカバー周りを構成するパーツをこれまでの9個から8個に一新し、フレームカバーもアルミ製から樹脂製に変更。

ニーグリップ部の形状がより立体的になり、ホールド性をアップさせた。ハンドルもアルミ製のテーパーハンドルとなり、これまでより幅は32mmワイドで、ハンドル高も12mm高くされていて、幅広い体格のライダーに対応した。

スタイリングも新世代のMTシリーズらしさをアピールする洗練された新デザインとなった。

一目で「MT-07」と分かるロービームとハイビームを一体化したバイファンクションLEDヘッドライトやLEDウインカーなどを活かした、各部のパーツをエンジンを中心に大胆に凝縮して“塊”をイメージさせる造形。

エアフローの動きを取り込んだサイドビューに加え、大きく張り出したタンクカバーとスリムなシートの対比によって、前に突き進むパワーを表現。LEDポジションランプには「Y」モチーフを取り入れ、第3世代MTシリーズの象徴としている。

ヤマハ新型「MT-07 ABS」のカラーバリエーション・価格

ボディカラーはパステルダークグレー(グレー)、ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)、マットダークグレーメタリック6(マットダークグレー)の3色。税込価格は81万4000円。

ヤマハ新型「MT-07 ABS」の主なスペック

全長×全幅×全高 2085×780×1105mm
ホイールベース 1400mm
シート高 805mm
車両重量 184kg
エンジン形式 水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒
総排気量 688cc
ボア×ストローク 80×68.5mm
圧縮比 11.5
最高出力 73PS/8750rpm
最大トルク 6.8kgf・m/6500rpm
燃料タンク容量 13L
変速機形式 6速リターン
キャスター角 24°50′
トレール 90mm
タイヤサイズ(前・後) 120/70ZR17・180/55ZR17
ブレーキ形式(前・後) ダブルディスク・ディスク

まとめ:小松信夫

[ヤマハ新型「MT-07」を撮った! モデルチェンジで外観一新、2021年モデルの特徴を撮りおろし写真で解説 - webオートバイ]

[ヤマハの新型車「YZF-R7」を徹底解説 - webオートバイ]

[ヤマハ「MT-09」「MT-09 SP」がフルモデルチェンジ! - webオートバイ]

[ヤマハ「トレーサー9 GT」発売! - webオートバイ]