カワサキが250ccアドベンチャークラスに投入しているマシンがヴェルシスX。現行モデルの「ツアラー」は、左右にパニアケースを標準装備したグレードで、ニンジャ譲りのパワフルな2気筒エンジンが生み出す快適なクルージング性能が魅力の一台だ。
文:太田安治、木川田ステラ、オートバイ編集部/写真:南 孝幸、赤松 孝

カワサキ「ヴェルシスX250ツアラー」インプレ・解説(太田安治)

爽快なクルーズ性能と充実した装備に惹かれる

ヴェルシスX250は、ニンジャ250ベースのエンジンを搭載するアドベンチャーモデル。現在はABS、パニアケース、エンジンガード、ハンドガード、センタースタンド、DC電源ソケットを標準装備する豪華仕様の「ツアラー」のみが販売されている。

19インチのフロントホイールや、ストロークの長い前後サスペンション、大きめのアッパーカウルによって、そのルックスはアドベンチャーモデルらしい堂々としたもの。

ライディングポジションも幅広のハンドルとニンジャよりも低く前寄りに位置するステップ、座面の大きなシートでロングラン向きの設定。シート高は815mmだが、見た目より足着き性がいいこともポイントだ。

ニンジャ譲りのDOHCツインは基本的に高回転型のエンジン特性。車重も183kgあるから発進時はエンジン回転と半クラッチ操作に少し気を使うが、慣れてしまえば気にならないレベル。

いったん動き出せば2気筒エンジンのスムーズさで6速・30km/h台からでも加速し、5000回転を超えればグッと力強さを増す。6速・100km/hは7800回転と充分な余裕があるが、8000回転を超えると振動が増えるから、高速道路クルージングには、このくらいがちょうどいい速度レンジとなる。

前述したように、アップライトなポジションはクルージングでの快適性に貢献するが、加えてウインドプロテクション効果の高さも実感できる。スクリーンは面積こそ小さいが、角度を立ててあり、走行風を受けるのはヘルメットの額部分あたり。

アッパーカウルも下半身への風圧を適度に遮ってくれる。さらにエンジンの熱気がライダーに当たらないように工夫されているのも特筆すべき点だ。

ツーリング指向モデルだけに操縦性も安定指向。バンクさせるとリアから旋回を始め、穏やかにフロントタイヤが内側を向いて自然に曲がっていくフィーリング。

タイトターンの続く場所ではフロントが高く感じたが、アンダーステアというほどではないし、接地感もしっかり伝わってくるので、オートバイ任せでも安心。

タイヤはオンロード指向だが、硬く締まったダートなら結構なペースで走破できてしまう。走りと装備内容を考えると、70万4000円という価格にも納得がいく。

あとはグリップヒーターとスマホマウントを付ければ、完璧な長距離ツアラーだ。

カワサキ「ヴェルシスX250ツアラー」カラーバリエーション

カラーバリエーションは「パールブリザードホワイト×メタリックマットカーボングレー」、「フラグメントカモグレー×メタリックフラットロウグレーストーン」の2タイプ。

パールブリザードホワイト×メタリックマットカーボングレー
税込価格:70万4000円

フラグメントカモグレー×メタリックフラットロウグレーストーン
税込価格:72万500円

カワサキ「ヴェルシスX250ツアラー」ライディングポジション・足つき性

シート高:815mm
ライダーの身長・体重:176cm・62kg

ステップやシートの位置関係でヒザの曲がりが緩やか。やや広めのハンドル幅と高めのグリップ位置とあわせ、大型車のようなゆったりしたライディングポジションとなっている。シート高は同クラスのロードモデル並み。

カワサキ「ヴェルシスX250ツアラー」タンデム(2人乗り)チェック

パッセンジャー 木川田ステラの感想

パニアケースのステーはグラブバーとしても使え、足の曲がりもきつくないので、リラックスしてタンデムできます。

カワサキ「ヴェルシスX250ツアラー」各部装備・ディテール解説

カワサキ「ヴェルシスX250ツアラー」主なスペック・価格

全長×全幅×全高 2170×940×1390mm
ホイールベース 1450mm
最低地上高 180mm
シート高 815mm
車両重量 183kg
エンジン形式 水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒
総排気量 248cc
ボア×ストローク 62.0×41.2mm
圧縮比 11.3
最高出力 24kW(33PS)/11500rpm
最大トルク 21N・m(2.1kgf・m)/1000rpm
燃料タンク容量 17L
変速機形式 6速リターン
キャスター角 24.3゜
トレール量 108mm
タイヤサイズ(前・後) 100/90-19M/C (57S)・130/80-17M/C (65S)
ブレーキ形式(前・後) Φ290mmディスク・Φ220mmディスク
メーカー希望小売価格 70万4000円/72万500円(消費税10%込)

文:太田安治、木川田ステラ、オートバイ編集部/写真:南 孝幸、赤松 孝

[使い方で考える250ccアドベンチャーバイクの選び方 - webオートバイ]

[【比較】250ccアドベンチャーバイクのオフロード性能を比較インプレ - webオートバイ]