Honda「400X」
税込価格:85万8000円

400ccクラスでは希少な存在となるアドベンチャーツアラー。2022年1月にマイナーチェンジを受け、フロントフォークにショーワ製[SFF-BP]を採用した。同時にフロントブレーキはダブルディスク化されて足まわりを強化。

エンジンは水冷DOHC4バルブ並列2気筒で、最高出力46PS・最大トルク3.9kgf・mを発揮。[アシスト&スリッパークラッチ]も備わる。灯火類はすべてLEDで、[エマージェンシーストップシグナル]も搭載。

シート高は800mm。脚を下ろしやすいシート形状で、足つき性も高いといえる。自然なライディングポジションや防風効果のあるスクリーン、バッグ類を積みやすいリアシートまわりなども相まって、ロングツーリングを楽しみやすい。

ボディカラーは「パールグレアホワイト」「マットバリスティックブラックメタリック」の2色。

カラーバリエーション

エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒
総排気量:399cc
ボア×ストローク:67.0×56.6mm
圧縮比:11.0
最高出力:34kW(46PS) / 9000rpm
最大トルク:38N・m(3.9kgf・m) / 7500rpm
燃料供給方式:フューエルインジェクション
燃料タンク容量:17L
キャスター角:27°30′
トレール量:108mm
変速機形式:6速リターン
ブレーキ前・後:ダブルディスク・シングルディスク
タイヤサイズ前・後:110/80R19M/C 59H・160/60R17M/C 69H

ホンダ「400X」関連のおすすめ記事

[【総合インプレ】「400X」徹底解説 - webオートバイ]

[【インプレ】「400X」 - webオートバイ]

[【比較インプレ】ホンダ「400X」VS スズキ「Vストローム650XT」 - webオートバイ]

[【ニュース】「400X」の後継か? 新型車「NX500」登場 - webオートバイ]