イタリアが生んだ老舗ブランド・ベネリがいよいよ日本上陸。このレオンチーノはDOHCシングルエンジンを搭載するストリートスポーツで、かつての名車の名前を冠した意欲作だ。乗り心地から各部装備まで徹底的に解説しよう。
文:太田安治、木川田ステラ、オートバイ編集部/写真:森 浩輔、南 孝幸

ベネリ「レオンチーノ250」インプレ・解説(太田安治)

パンチの効いた特性でストリートでも楽しい

プロトが正式に輸入販売を開始したベネリブランドのオートバイは現在4機種あるが、ストリートライドに最適なのがレオンチーノ250。イタリア語で「小さなライオン」を意味する車名も、愛らしい車体デザインと元気いっぱいの走行性能にマッチしている。

ベネリのラインアップではスクランブラーの扱いだが、車体構成とルックスはストリートファイター的。軽い前傾ポジションで体に負担が掛からないので162kgという車重よりも軽く感じるし、足着きも上々。ライダーのスキルや体格を問わず気軽に乗れる。

好印象だったのがエンジン特性。パワー感を堪能できるのは6000〜9000回転あたりで、この範囲ではスロットル開度による加速/減速の反応がクッキリしているうえ、力強い吸排気音を響かせるので、市街地走行の速度域でもスポーツ性を感じさせる。これはボア・ストローク比が大きく、圧縮比を高く設定したエンジン設計の妙だろう。

9000回転を越えるとパワー感は薄れるが、ストリートでそこまで引っ張る必要はないので現実的には気にならず、むしろCB250Rやジクサー250よりもパンチの効いた特性に惹かれる。

ちなみに6速・100km/hは約6000回転。細かな振動はあるが手足がしびれたりするほどではない。最高速はメーター読み150km/h程度で、高速道路の120km/h区間でも余裕がある。

市街地走行に適した設定はハンドリングも同じ。車体全体の剛性は高めながら、スイングアームピボットとステアリングヘッドパイプ回りが適度にしなるのでガチガチ感がない。

サスペンションは締まったフィーリングでギャップ通過時はリアからの突き上げが大きめだが、接地感が掴みやすく、荒れた路面や深いバンク角での旋回も不安なし。見た目の印象から俊敏な動きを想像するが、実際は直進安定性重視のハンドリングだ。

街乗りからツーリングまでをソツなくこなすキャラクターだが、僕がオーナーなら、前後サスペンションをもっとしなやかに、ブレーキの初期制動力を上げる方向でセッティングし、タイヤを衝撃吸収性の高い製品に交換して街乗りでの快適性を高めたい。そんな想像をさせるのもレオンチーノの設計思想、素性がいいからだろう。

ベネリ「レオンチーノ250」カラーバリエーション

カラーは「レッド×ブラック」、「ホワイト×ブラック」、「グレー×ブラック」、「ブラウン×ブラック」の4タイプ。

レッド×ブラック

ホワイト×ブラック

グレー×ブラック

ブラウン×ブラック

ベネリ「レオンチーノ250」ライディングポジション・足つき性

シート高:800mm
ライダーの身長・体重:163cm・43kg

上半身がやや前傾し、ステップ位置が後ろめに設定されたスポーティなポジション。シート高は800mmで、身長163cmの場合かかとが浮くが、車体がスリムで取り回しやすいので不安はない。

ベネリ「レオンチーノ250」タンデム(2人乗り)チェック

パッセンジャー 木川田ステラの感想

ステップ位置は高めで、やや踏ん張りづらい位置でしたが、ライダーにしっかり掴まれ、深めにニーグリップできるので、体をしっかり安定させることができました。シートは幅広で柔らかめ。様々な衝撃を軽減してくれるので、快適にタンデムを楽しめます。

ベネリ「レオンチーノ250」各部装備・ディテール解説

ベネリ「レオンチーノ250」主なスペック・価格

全長×全幅×全高 2030×840×1115mm
ホイールベース 1380mm
最低地上高 170mm
シート高 800mm
車両重量 162kg
エンジン形式 水冷4ストDOHC4バルブ単気筒
総排気量 249cc
ボア×ストローク 72×61.2mm
圧縮比 11.2
最高出力 19kW(25.8PS)/9250rpm
最大トルク 21.0N・m(2.14kgf・m)/8000rpm
燃料タンク容量 12.5L
変速機形式 6速リターン
キャスター角 NA
トレール量 NA
タイヤサイズ(前・後) 110/70ZR17・150/60ZR17
ブレーキ形式(前・後) Φ280mmディスク・Φ240mmディスク
メーカー希望小売価格 54万8900円 (消費税10%込)

文:太田安治、木川田ステラ、オートバイ編集部/写真:森 浩輔、南 孝幸

[ベネリ「TNT125」インプレ・解説(2021年)グロムやZ125プロのライバルとなるか - webオートバイ]

[ベネリが4台のバイクをお披露目【2021速報】 - webオートバイ]